20年度に事業者選定/ごみ処理施設整備計画案/豊橋市DBO – 日刊建設通信新聞

Home » 起業・独立 » 事業計画書 » 20年度に事業者選定/ごみ処理施設整備計画案/豊橋市DBO – 日刊建設通信新聞
事業計画書, 起業・独立 コメントはまだありません





 愛知県豊橋市は、豊橋田原ごみ処理施設整備計画(案)をまとめた。田原市と共同で建設する新たなごみ処理施設の基本方針やスケジュールなどを示した。事業方式はDBO(設計・建設・運営)方式を採用する。処理能力は1日当たり450tを想定。整備予定地は豊橋市豊栄町の敷地約3.2ha。 要求水準書などをまとめ、2020年2月にも実施方針を公表する。同年7月から総合評価落札方式で事業者の選定手続きを始め、21年2月に落札者を決定、同年3月に契約する予定。24年度中の稼働を目指す。
 焼却処理施設は3炉構成。処理方式は▽焼却方式+灰資源化▽ガス化溶融方式(一体型)▽同(分離型)--から選定する。ごみに混入する金属類の回収と焼却灰の資源化、余熱の売電なども計画する。
選定支援業務
はエイト日技
 また、豊橋市は「ごみ処理施設整備・運営に係る事業者選定支援業務」の公募型プロポーザルを実施した結果、エイト日本技術開発を契約候補者に特定した。4者の提案を審査した。近く4450万6800円(税込み)を上限に契約する。
 田原市と共同で整備・運営する新ごみ処理施設の実施方針の作成、事業者募集の支援業務などを委託する。履行期間は21年3月26日まで。



コメントを残す