宮島醤油が私募債発行 「地域の芽・育む債」 – 佐賀新聞

Home » 資金調達 » 私募債 » 宮島醤油が私募債発行 「地域の芽・育む債」 – 佐賀新聞
私募債, 資金調達 コメントはまだありません



 宮島醤油(しょうゆ)(唐津市、宮島清一社長)が、発行額の0・2%相当額の教育物品を学校などに贈るさぎんCSR私募債「地域の芽・育む債」を1億円発行した。期日一括償還で、償還期間は5年。



 宮島醤油は1882(明治15)年に創業し、醤油やみそだけでなく、加工食品、調味料も手掛けている。調達した資金は運転資金に充てる。物品は、唐津市外町の中学校や高校に寄贈する予定。

 また、長崎県佐世保市の鶏肉製造販売「長崎福鳥」(松田徹郎社長)も27日、5千万円分を発行した。年2回の定時償還で、償還期間は5年。ハーブなどを飼料とした鶏肉などを生産している。資金は業務拡大に向けた運転資金に使う。佐世保北高校(同市)に教育関連資材を贈る。

このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントを残す