ディズニーランド、20年開業の新エリア工事現場を公開 – 日本経済新聞

Home » 起業・独立 » ディズニーランド、20年開業の新エリア工事現場を公開 – 日本経済新聞
起業・独立 コメントはまだありません



オリエンタルランドは6日、2020年春に開業予定の東京ディズニーランド(TDL)の新エリアの工事現場を報道陣に公開した。「美女と野獣」をテーマとする大型アトラクションでは、高さが28メートルになる2つの塔が完成しており、隣接する1500人を収容する屋内型シアターの外観は完成していた。



2020年春の開業に向けて工事が進められる東京ディズニーランドの新エリア(6日午前、千葉県浦安市)

2020年春の開業に向けて工事が進められる東京ディズニーランドの新エリア(6日午前、千葉県浦安市)

公開した開発エリアの総面積は約4万7000平方メートルで、TDL全体の10分の1にあたる。総事業費は750億円となり、単体施設では過去最大となる320億円を美女と野獣のアトラクションに投じる。

同施設は定員10人のティーカップのような皿形の乗り物で、施設内を移動するライド型のアトラクション。映画の名曲に合わせて踊るように動く。19年秋までに施設の外観を完成させる。

TDLで初となる屋内型シアターには、プロジェクションマッピングを導入する。森の中にあるシアターがコンセプトで、ショーの演出に合わせてセットが自動で入れ替わる仕組みを採用する。現在は内装・外装工事に取りかかり、シアター周辺には山や木の装飾を施す予定だ。ショーには複数のキャラクターが出演する。

ディズニー映画「ベイマックス」をテーマとするアトラクションでは緑色の足場が完成していた。同アトラクションでは床下に駆動装置を埋め込み、不規則な動きをしながら回転する乗り物を楽しめる。高齢者や車イスの来場者に配慮し、段差がほとんどない施設とする。



コメントを残す