副業から受賞ショップも活用している。ECの困ったを全て解決『ECマスターズクラブ』 – ECのミカタ

Home » 起業・独立 » 個人事業 » 副業から受賞ショップも活用している。ECの困ったを全て解決『ECマスターズクラブ』 – ECのミカタ
個人事業, 起業・独立 コメントはまだありません



日本ECサービス株式会社 代表取締役 清水 将平氏



EC事業に携わっていると、必ずといってよいほどに、“困った事態”に遭遇する。年商1000億円の大企業ECでも、個人事業レベルで取り組んでいるECでも、困った事態の内容こそ千差万別だが、「困った事態に遭遇する」という点では横並びだ。

 

そんな“困った事態”を解消し、さらに、EC運営を効率化するツールを提供してくれて、なおかつECの売上・利益アップをコンサルティング的にサポートしてくれるのが、日本ECサービス株式会社が運営する会員サービス『ECマスターズクラブ』だ。該社の代表取締役であり、ECマーケターである清水 将平氏に、『ECマスターズクラブ』の活用メリット等について、お話を伺った。

楽天市場でのECコンサルタント経験で培った“ECの成功ノウハウ”

日本ECサービス株式会社の代表取締役である清水氏は、インターネット・サービス・プロバイダで主要4誌の調査結果でサポート満足度No.1を受賞する立役者として活躍した後に、楽天株式会社に就職し、ECコンサルタントとして数多くのECショップを成長させた経験を持つ。

「プロバイダに籍を置いていた時代には、お客様から多種多様なお問合せやご相談を受けていました。例えば“突然、ネットがつながらなくなった”とか。そうしたお客様の“困った事態”を解消して差し上げることが、仕事の大部分を占めていたといっても過言ではありませんでした。しかし、そうしたお困りごとをサポートすれば、お客様からは信頼され、長くお取引いただくことになります。

その後、ブロードバンドが当たり前のように普及し、これからはECが伸びるではと楽天に転職し、楽天市場のECコンサルタントとして、多くのショップの売上向上を支援する業務を担当していました。多い時には、私ひとりで600以上のショップを担当していたこともありました。

そうした経験によって、ECで成功するためのノウハウや知見が蓄積していき、そうしたノウハウ・知見を生かした独立コンサルタントとして、ECショップを支援する目的で、日本ECサービス株式会社を起業したのです」と清水氏は、独立の経緯を説明する。

楽天時代の清水氏は、ECコンサルタントとして、個々のショップの売上向上を支援するかたわら、楽天市場の様々なシステム開発などのプロジェクトにも携わり、今日の楽天市場の仕組みのベースを構築した立役者のひとりでもある。そのため、楽天市場に精通していることはもちろんだが、ECそのものについてのテクノロジーやマーケティングのノウハウ・知見も豊富に身につけている。

40社程度のコンサルティング業務から、900社の売上向上を支援する『ECマスターズクラブ』への事業転換

独立した直後は、40社ほどの顧問先をもち、個別具体的なECコンサルティングを提供していた清水氏であるが、とある他業種の会員制サービスにヒントを得て、『ECマスターズクラブ』というサービスを思いついたという。

 

「プロバイダー会社にいた時も、楽天でECコンサルタントをやっていた時も感じていたことなのですが、お客様や顧問先が“困った事態”に陥った場合、多くは何が原因かを推測することもできず、したがって誰に相談すればいいのかもわからない、ということが多いのです。例えば“ネットにつながらない”という事態が発生した場合、それがパソコンの不具合なのか、ソフトウェアの問題なのか、ルーターなどの通信機器の故障なのか、ということがわからない。原因がわからないので誰に問い合わせればいいかもわからない。ECで“売上が思うように伸びない”という時にも、誰に聞けばいいのかわからない。プロバイダー時代も楽天時代も、私はそうした“誰に聞いたらいいのかわからない、お困りごと”に対応してきました。そのおかげで、ECのノウハウや知見が身についたという側面もあります。そして、気づいたのです。みなさん、“誰に聞けばいいのかわからずに、問題解決できず困っている。だったら、ECに関するあらゆる相談を受けよう”と。それが、現在の『ECマスターズクラブ』に結びついたのです」。

 

初期には、メーリングリスト形式で質問を受け付け、それに回答するというサービスだったが、EC事業者が抱える悩みや相談ごとは、類似していることも多く、商圏も同じため、質問しやすいよう匿名によるフォーラムに切り替えることで、よりスピーディな問題解決につながることも多いことから、現在ではフォーラムとして質問内容とその回答を公開している。質問項目は1万件に届く勢いで、もちろん、それらに対する回答も、会員はいつでも見ることができる。

 

「これだけのボリュームになると、EC事業者が遭遇する疑問や悩みは、ほとんど網羅しています。ここを見るだけで、かなりの問題解決につながりますが、もちろん、個別具体的な相談ごとにも対応しています。質問に対して、24時間以内に回答しています」と清水氏が言うとおり、これほどのボリュームになると、これはもう巨大なECのナレッジベースと言っても過言ではないだろう。また、個別の相談にも24時間以内に回答してくれるスピーディさは、EC事業者にとっては、うれしいサービスである。

後述するように、『ECマスターズクラブ』のサービスは多種多様だが、このサービスがもっとも活用価値の高いサービスといえよう。

業務を効率化する多様なツールの提供、各種の勉強会、ライブ中心の各種講座など、会費の数倍するサービスを使い放題の『ECマスターズクラブ』

『ECマスターズクラブ』の会員には、毎日サポートレターがメールや会員専用アプリのプッシュ通知で届く。楽天やYahoo! ショッピング、Amazonなどのモールに関する最新の売上向上施策に関する情報や、サーチの仕様変更、ガイドライン変更などの情報をヌケモレなく確認できる。

 

また、独自開発された様々なツールを好きなだけ使うことができるサービスもある。顧客に対してショートメールを送信できるツールや、楽天が実施するポイント企画のバナーを毎日自動で更新するツールなど、業務効率化に資する様々なツールが30種以上も用意されている。ある特定のツールを使いたくて、会員になるEC事業者もいるという。

 

「EC事業者は、やるべきことが多くて、ツールを使うことで効率化できるところはどんどん効率化して、商品開発などのコア業務に専念できる時間を増やさないと、競争には勝てません。会員がコア業務に専念できるように、多様なツールを用意して提供しているのです」と清水氏は言う。ツールの多くは、コンサルタントとして多くのEC事業者と接してきた同氏が、“こんなツールがあればいいのに”を具現化したものばかりだ。

 

さらに、1週間の重要情報をまとめてお届けする「ECマスターズLIVE」などのライブ配信では、リアルタイムに150名以上が視聴されるなど、タイムリーで貴重なレクチャーをうけることができる。

 

その他、会員限定の勉強会やクローム拡張機能の提供など、サービス内容は盛りだくさんだ。会員の中には会社の決裁が降りず、個人的にクレジットカードで入会される方も多く、会社に内緒でスキルアップして独立して楽天ショップをオープンし、入会される人もいるのだという。もちろん初心者向けの質問、Wi-Fiが繋がらないといったものまで質問のレベル感は様々だ。ECに慣れている人でも、これからECを始める人でも利用しやすい。これだけ充実したサービスを使えて、会費は月額1万円台(税別)というから驚きだ。

ECの世界は、ITの進展によって、日進月歩で進化している。昨日までの成功法則は、新しいテクノロジーや、様々な仕様変更等によって、明日には陳腐化してしまう。そのため、EC事業者の悩みは尽きることがない。そうした悩みをスピーディに解決でき、加えて売上向上のノウハウも常に最新のものを享受できるのが『ECマスターズクラブ』だ。

 

これだけのサービスを使えるのなら、ぜひ活用したいところである。

更に今回は、本記事の読者特典として3000円で案内していた「楽天ショップ攻略法とRPP攻略法を大公開!」セミナーをオンラインで無料招待するという。セミナー申し込み後、「ECのミカタの記事を見た」といえば、ECマスターズに無料登録し閲覧権利を得るという流れだ。

少しでも興味があるならば申し込んで見るのはいかがだろうか?

読者限定無料セミナーはこちら!



コメントを残す