ニトリ小樽芸術村、ギャラリーを全面開業 ステンドグラス常設展示 – 観光経済新聞

Home » 起業・独立 » ニトリ小樽芸術村、ギャラリーを全面開業 ステンドグラス常設展示 – 観光経済新聞
起業・独立 コメントはまだありません





似鳥会長(左から4番目)、高橋知事(同3番目)らによるテープカット

 ニトリホールディングス(HD)が北海道小樽市の歴史的建造物を活用して設置している小樽芸術村は11月22日、米国のステンドグラス作品を常設展示するギャラリーを全面オープンした。

 同芸術村の似鳥美術館1階で、米宝飾店ティファニー創立者の長男でステンドグラス作家のルイス・C・ティファニー氏の約100年前の作品32組を展示。8月から先行展示していた30組に、修復が完了した2組、実際にガラスにも触れられる作品の技法や構造を解説するパネルの展示が加わった。

 作品は、聖書の場面をテーマとしたものが中心。衣服などの質感を表すため、ガラスを立体的に変形させ、何枚も重ね合わせる技法が使われている。

 22日に同ギャラリーで行われた記念式典には、ニトリHDの似鳥昭雄会長や高橋はるみ北海道知事らが出席し、テープカットを行い全面オープンを祝った。

 似鳥会長は「小樽芸術村を設置して2年。今年は20万人を超える方に来場いただいた。感動してもらえる施設とし、北海道観光に貢献していきたい」とあいさつした。

 似鳥美術館の入館料は大人1500円、高校生700円、中学生以下は無料。開館は11月から4月末までが午前10時から午後4時。水曜日は休館。


似鳥会長(左から4番目)、高橋知事(同3番目)らによるテープカット
  • 2018年12月4日

JAFは11月30日、特設ウェブページ「ご当地ガイドおすすめグルメ 伝統の味~冬編~」を公開した。 JAF(一般社団法人日本自動車連盟会長矢代隆義)は、全国各地の支部…

続きを読む

  • 2018年12月4日

LINEトラベルjpは11月30日、「冬旅ランキング」を公開した。 株式会社ベンチャーリパブリック(本社:東京都港区代表取締役社長:柴田啓)が、LINE株式会社と共同運…

続きを読む

  • 2018年12月3日

千葉県は、期間限定アンテナショップ「ちばI・CHI・BA」を東京・丸の内で12月15日まで開催している。 千葉の魅力をたくさんの方々にお届けするために、東京・丸の内「KI…

続きを読む



コメントを残す