「スーパー玉出」創業者逮捕に堀江貴文氏「やりすぎたってこと」 – livedoor

Home » 起業・独立 » 「スーパー玉出」創業者逮捕に堀江貴文氏「やりすぎたってこと」 – livedoor
起業・独立 コメントはまだありません



 大阪市西成区の歓楽街「飛田新地」で、売春に使われると知りながら暴力団幹部側から店舗の賃料を受け取っていたとして、大阪府警捜査4課は3日、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で、関西地方で格安店として知られる「スーパー玉出」創業者の前田託次容疑者(74)を逮捕した。同社は今年7月、約45億円でスーパー事業を別会社に譲渡している。



 「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文氏(46)は自身のツイッターでこの話題を取り上げ、「やりすぎたって事でしょうかね」とつづった。

 逮捕容疑は3〜5月、飛田新地の料亭「銀河」(閉店)の賃料3カ月分135万円を、売春の売り上げの一部と知りながら2回にわたり受け取った疑い。同課は認否を明らかにしていない。

 捜査4課によると、この料亭はスーパー玉出の店舗跡地にあり、土地・建物を同社や関連会社が所有。賃料はペーパーカンパニーを通じ、定期的に同社名義の口座に振り込まれていた。2014年6月の料亭開業以降、総額2000万円の賃料があったとみている。



コメントを残す