中小企業の売上DI、前年比1.7ポイント上昇 2ヵ月連続プラス圏 日本政策金融公庫調査 – 観光経済新聞

Home » 資金調達 » 日本政策金融公庫 » 中小企業の売上DI、前年比1.7ポイント上昇 2ヵ月連続プラス圏 日本政策金融公庫調査 – 観光経済新聞
日本政策金融公庫, 資金調達 コメントはまだありません





 日本政策金融公庫はこのほど、中小企業景況調査の10月分を公表した。同月の中小企業の売上DI(前月比で増加の企業割合から減少の企業割合を引いた値、季節調整値)は2.6と、前月(0.9)比1.7ポイント上昇し、2カ月連続のプラス圏となった。今後3カ月の売上見通しDIは6.1と、前月(7.7)から1.6ポイント低下も、23カ月連続でプラス圏の見通しだ。

 売上DIを6の最終需要分野別に見ると、乗用車関連、設備投資関連、電機・電子関連が前月から上昇した。乗用車関連(20.2ポイント増の14.5)と設備投資関連(8.4ポイント増の5.4)は前月のマイナス圏からプラス圏に浮上。電機・電子関連(1.1ポイント増の1.2)はプラス幅が拡大した。

 衣生活関連(0.8ポイント減の9.4)はプラス幅が縮小。建設関連(11.3ポイント減のマイナス6.2)と食生活関連(19.9ポイント減のマイナス12.5)はマイナス圏に落ち込んだ。

 今後3カ月の売上見通しDIは、建設関連と食生活関連がマイナス圏に落ち込む見通し。衣生活関連は前月のマイナス圏からプラス圏に上昇の見通し。その他はプラス圏を維持する見通し。

 調査は10月中旬、三大都市圏の同公庫取引先900社に実施。このうち582社から有効回答を得た。

  • 2018年11月17日
  • NEW!

総務省の労働力調査(9月分速報)によると、今年9月の完全失業率(季節調整値)は2.3%で、前月比0.1ポイント低下した。 このうち男性は2.4%で、同0.1ポイント低下…

続きを読む

  • 2018年11月16日

ニューヨークの「sushi AMANE」は、「ミシュランガイド ニューヨーク2019年度版」で2年連続“ミシュラン1つ星”を獲得した。 「日本のファンをつくる」をミッショ…

続きを読む

  • 2018年11月15日

海外現地ツアーD2C事業のタビナカは12日、エンジェル投資家を中心に累計3億を資金調達したと発表した。 海外現地ツアーD2C事業「タビナカ」を運営する株式会社タビナカ(本…

続きを読む



コメントを残す