CredがXRP担保融資の資金として5000万ドルの世界的融資枠を確保 – 時事通信

Home » 資金調達 » 融資 » CredがXRP担保融資の資金として5000万ドルの世界的融資枠を確保 – 時事通信
融資, 資金調達 コメントはまだありません





Nov. 10, 2018 21:03 UTC

リップル利用者はXRPを担保として米ドル融資を受けることが可能に

サンフランシスコ–(BUSINESS WIRE)– (ビジネスワイヤ) — 3億ドル以上の与信枠を持つ仮想通貨担保融資のリーディング・プロバイダーであるCredは本日、XRPを担保として米ドル融資を提供すると発表しました。リップル利用者は、売却して課税されることなくXRPを長期的に保持することが可能になりました。いくつかの国のXRP保有者は、www.mycred.ioを開いて「Get Early Access」をクリックするだけで、1桁の低金利で融資を受けることができます。

アーリントンXRPキャピタルの創立者でリップルの著名な投資家のマイク・アーリントン氏は、このように述べています。「Credから融資を受けている者として、Credが私のニーズに対応していることに感謝しています。従来の金融サービス・エコシステムと仮想通貨のコミュニティーを結ぶ信頼できる架け橋として行動する同社の能力には、いつも感嘆しています。Credは次世代の融資・利益獲得商品の構築で成功しており、同社がXRPを資産クラスとして認知していることは重要です。」

Credは融資に使用できる融資枠として3億ドル以上を確保しており、これは業界他社の合計の3倍を超えています。主要な仮想通貨ウォレットと仮想通貨取引プラットフォームが、Credの仮想通貨与信枠(C-LOC)プラットフォームを統合して顧客の維持と満足度の向上を図っています。最近Credは、ユニバーサル・プロトコル・アライアンスおよびアップホールドのために利益獲得・借入商品に技術提供することを発表しました。

Credの共同創立者のダン・シャットはこのように述べています。「XRP保有者にETHやBTCの保有者と同じ低金利と便利な流動性サービスを提供できることに期待を感じています。利用者の利益のためにCredプラットフォームの統合を進めている多数のパートナーを引き続きサポートしていくことを楽しみにしています。」

Credについて

Credは、いつでもどこでも与信へのオープンなアクセスを可能にする分散型グローバル融資プラットフォームです。ペイパルで働いていた金融技術専門家が設立したCredの使命は、ブロックチェーンの力を活用することで誰もが低コストの与信商品の恩恵を受けることができるようにすることです。CredのLBAトークンは、米国を含む180カ国以上で利用可能です。詳細情報については、mycred.ioをご覧ください。また、ツイッターフェイスブックリンクトインでのフォローをお願いします。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。



コメントを残す