第21回 四国高校・独立&中国大学・社会人ドラフト指名5人衆 – 高校野球ドットコム

Home » 起業・独立 » 第21回 四国高校・独立&中国大学・社会人ドラフト指名5人衆 – 高校野球ドットコム
起業・独立 コメントはまだありません





第21回 四国高校・独立&中国大学・社会人ドラフト指名5人衆2018年11月11日

【目次】
[1] 市川 悠太が東京ヤクルトスワローズ「3位」だった理由
[2] 土居 豪人が見せた「サプライズ」と鎌田 光津希の「決意」
[3] 「超ビックスケールの20歳」杉山 一樹には大注目
[4] 「中熊 大智」とはこんな選手

 2007年2月に首都圏から居を四国地区に移し12年目。「さすらいの四国探題」の異名を背に四国球界でのホットな話題や、文化的お話、さらに風光明媚な写真なども交え、四国の「今」をお伝えてしている寺下 友徳氏のコラム「四国発」。

 第21回では10月25日(木)に開催された「2018年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」で指名を受けた四国地区の高校・独立リーグ選手に加え、筆者が普段取材カテゴリーとしている中国地区の大学・社会人選手計5名を、指名あいさつ時などのエピソードも交えて紹介していきます。

市川 悠太が東京ヤクルトスワローズ「3位」だった理由


橿淵 聡スカウトグループチーフ(右)岡林 洋一中四国担当スカウト(左)と握手する東京ヤクルトスワローズ3位指名・市川 悠太(明徳義塾3年・投手)

 まずは四国地区。10月25日(木)に開催された「2018年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」では以下の3名が指名を受けました。

東京ヤクルトスワローズ3位指名
市川 悠太(いちかわ ゆうた・明徳義塾高3年・投手・184センチ76キロ・右投右打・2001年3月29日生・高知県出身・高知市立潮江中)

千葉ロッテマリーンズ8位指名
土居 豪人(どい ひでと・松山聖陵高3年・投手・191センチ84キロ・右投右打・2000年4月2日生・愛媛県出身・宇和島市立城東中~宇和島クラブシニア~聖カタリナ学園高<1年7月まで>)

千葉ロッテマリーンズ育成1位指名
鎌田 光津希(かまた みずき・徳島インディゴソックス1年目・投手・180センチ91キロ・右投右打・1995年9月6日生・千葉県出身・匝瑳市立野栄中~横芝敬愛高~敬愛大)

 昨秋の明治神宮大会優勝投手。右スリークォーターの市川投手は10月30日(火)に明徳義塾高で東京ヤクルトスワローズから指名あいさつを受けました。席上、下級生時代から密着マークを続けてきた岡林 洋一スカウトが3位指名に至った理由の1つとしてあげたのが7月6日(金)に急きょ行われた関西(岡山)との練習試合で自己最速149キロをマークした際の「5回というイニング短いイニングでの適性が見えた」内容。

 さらに岡林スカウトは「段階の中で投げるたびに成長してくれた。中心選手になりえるし、先発でもリリーフでもいける」。実際に高知大会決勝戦を見た橿渕 聡スカウトグループデスクも「低い位置から強いボールを投げられる。試合を見ても評価は揺るがなかったし高校生投手では一番の評価でした」と大きな期待を寄せ、これに対し市川投手も「自分はまだまだだが、そのような評価はうれしい。日本を代表するような投手になりたいし、できるだけ早く一軍に上がれるようにしたい」と答えていました。

 個人的にはストレートとスライダー。そしてシュートは十分右打者への武器となるだけに、あとは自らも課題としてあげる左打者対策の落ちるボール修得に取り組んでもらえれば一軍デビューは早いと思います。

 11月10日(土)・11日(日)には、他のドラフト指名6選手(2位指名の法政大・中山 翔太外野手と7位指名の九州共立大・久保 卓眞投手は明治神宮大会、5位指名の新日鐵住金広畑・坂本 光士郎投手は日本選手権中のため欠席予定)と共に、現在愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで行われているチームの秋季キャンプ見学も予定されているようなので、ぜひNPBの現実を目の当たりにして、さらなる研鑽に励んでもらいたいです。



コメントを残す