「はぁ? 無視!?」 夫婦ゲンカ中の「シカト」はさらなる炎上を招くのか? – Yahoo!ニュース 個人

Home » 起業・独立 » フリーランス » 「はぁ? 無視!?」 夫婦ゲンカ中の「シカト」はさらなる炎上を招くのか? – Yahoo!ニュース 個人
フリーランス コメントはまだありません



私は現在49歳。結婚したのは24歳のときだ。女房は23歳だった。結婚後しばらくして、私は会社を辞め、カメラマン兼ライターとして独立した。早いもので来年で25年、銀婚式を迎える。

【画像】DANROの恋愛や結婚を考えるイラスト集

四半世紀も一緒に暮らしていれば、ケンカすることだってある。3年ほど前に女房がフルタイムで働くようになってから数こそ減ったものの、いまもときどきケンカする。世の中の夫婦の大半がそうであるように、きっかけはいつも些細なことだ。(永谷正樹)

原稿を書き終えた解放感に水を差す「女房のひと言」

フリーランスの私は、仕事場を兼ねた自宅で原稿を書くことが多いのだが、その日はどうも調子が乗らず、時間だけが過ぎていった。このままダラダラと続けていても、面白い原稿は書けない。そう判断してパソコンから離れ、録りためたドラマを見て過ごした。

翌日、朝からパソコンに向かうも、やはり集中できない。書いている途中で止めてしまうと、ゼロからではなくマイナスからのスタートになる。マイナスからプラスへと、モチベーションを大きく上げねばならないのである。その方法はさまざま。意味もなくカメラを触ったり、散らかり放題の仕事場を片付けたりして徐々にギアを上げていくのだ。

この日はソファで横になって、文章の構成を考えているうちにエンジンがかかった。こうなれば、私は仕事が早い。約3時間、机から片時も離れず、集中力を発揮して無事に原稿を書き終えた。

執筆に苦労すればするほど、書き終えた後の解放感はハンパではない。大袈裟かもしれないが、42.195kmを完走したマラソンランナーやキツイ減量をして試合に挑み、勝利をつかんだボクサーと同じだと思っている。明日は完全オフにして、以前から行きたかった長野県の善光寺へ一人旅をしようと心に決めた。

善光寺周辺の観光やグルメの情報をググっているうちにお腹が空いてきた。そういえば、まだ昼食をとっていなかった。

この日、女房は休みで自宅にいたが、リビングへ行くと姿が見えない。寝室で夏物と秋冬物の服を入れ替えていたのだ。毎年、10月か11月の頃に「来年は着ない」と思う服を捨てている。

女房は私を見るなり「どれを捨てるか教えて」と聞いてきた。原稿を書き終えた解放感に水を差された私は不機嫌になり、「全部とっておいて」と答えた。だが、それでは量が多すぎて衣装ケースに入らないと、女房が言う。

この時点で私のイライラは最高潮に達した。

「じゃあ、全部捨てろよ!」

そう言い放つと、リビングへ戻って一人で昼食を済ませたのだった。

【関連記事】



コメントを残す