2年目の北海道新幹線、赤字98億円 開業ブーム落ち着き乗客減 – SankeiBiz

Home » 起業・独立 » 2年目の北海道新幹線、赤字98億円 開業ブーム落ち着き乗客減 – SankeiBiz
起業・独立 コメントはまだありません





 JR北海道は9日、2017年度の路線別収支で、開業2年目の北海道新幹線(新青森-新函館北斗)は98億円の営業赤字だったと明らかにした。1年目は54億円の赤字だった。開業ブームが落ち着いて乗客が減り、青函トンネル内の老朽設備の更新費用も響いた。同日発表した18年9月中間連結決算では、営業損益が170億円の赤字(前年同期は146億円の赤字)だった。9月の北海道地震による減収が影響し、中間決算の公表を始めた00年度以降で最大の赤字額となった。



コメントを残す