県の耐震工事、設計ミス 国補助金「653万円不当」指摘 /埼玉 – 毎日新聞

Home » 資金調達 » 助成金・補助金 » 県の耐震工事、設計ミス 国補助金「653万円不当」指摘 /埼玉 – 毎日新聞
助成金・補助金, 資金調達 コメントはまだありません



 会計検査院が9日公表した2017年度の決算検査報告で、県が農林水産省の補助金を受けて耐震補強工事を実施した熊谷市玉作の玉作橋(長さ約67メートル)について、地震などで橋桁が落下するのを防ぐための装置に設計ミスがあったと指摘した。検査院は適切な工事が行われなかったとして補助金653万円を不当と判断。県は設計を請け負った業者の負担で工事をやり直した。



 県農村整備課によると、問題の装置は地震などの際に橋桁の揺れを制限するもので、昨年4月に工事が完了し…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文679文字)




コメントを残す