シリコンバレーにはスーツで 投資への「偏見」変える – 日本経済新聞

Home » 資金調達 » シリコンバレーにはスーツで 投資への「偏見」変える – 日本経済新聞
資金調達 コメントはまだありません



「チャレンジを纏(まと)う=スーツ」をコンセプトに、「挑戦し続ける人」を表彰する賞として、日本経済新聞社の「NIKKEI STYLE Men’s Fashion」と世界文化社の「MEN’S EX」が共同で今年新設した「スーツ・オブ・ザ・イヤー」。そのビジネス部門の受賞者、インターネット証券、フォリオ(東京・千代田)の甲斐真一郎社長は、京都大学出身の元プロボクサーという異色の経歴の持ち主。IT(情報技術)と金融を融合したフィンテックで、「生活に根づいた資産運用」の実現をめざす。



――スタートアップの経営者というとカジュアルな装いのイメージです。どのようなときにスーツを着られますか。

「スーツ着るとき、イコール仕事ではありあません。仕事はリラックスしてやりたいタイプなので、手を動かすときとか、考えごとをしたりするときとかは結構ラフな格好をしています。スーツは精神的なオンオフのスイッチだと思っています。仕事をするからスーツを着る、ではなくて、精神的にオンにしなくてはならないときには、スーツを着ます」

■シリコンバレーでのプレゼンにはスーツ

――どういう場面でスイッチを入れるのですか。

「ひとつはTPO(時・場所・場合)や礼儀という意味合いで、当局との折衝や、大使館での集まりなどが挙げられます」

「精神的なオンオフでいうと、直近では資金調達のプレゼンテーションのときでしょうか。ベンチャーにとって資金調達はかなり大きなイベントです。初めて資金調達をしたとき、シリコンバレーの投資家に対するプレゼンはスーツを着てやりました」

「SUITS OF THE YEAR 2018」は、「NIKKEI STYLE Men’s Fashion」と世界文化社「MEN’S EX」が共同で開催。ビジネスやスポーツ、芸術・文化など様々な分野で活躍する人を複数部門で選出し、表彰するアワードです。


>> SUITS OF THE YEAR 2018 詳細はこちら



コメントを残す