大阪・堺で起業セミナー 優秀者に特典、起業家のカバン持ち – 日本経済新聞

Home » 起業・独立 » 事業計画書 » 大阪・堺で起業セミナー 優秀者に特典、起業家のカバン持ち – 日本経済新聞
事業計画書, 起業・独立 コメントはまだありません



堺市などが出資するさかい新事業創造センター(堺市)は23日に、起業をめざす30歳未満の若者向けのセミナーを開く。参加者は若手起業家の指導で事業計画書をつくり、短時間の企画説明に挑戦。優秀者には起業家の「1日カバン持ち」などの特典を用意した。才能の発掘や若者同士のネットワーク形成、起業への機運醸成を狙っている。



さかい新事業創造センター(堺市)

夢見るの重見社長

セミナーではスタートアップ企業、夢見る(堺市)の重見彰則社長(33)が講演する。同社は子ども向けロボット・プログラミング教室を展開しており、創業の楽しさや苦しさの体験を語る。

事業計画書をつくるワークショップでは昨年、若者向けマーケティングなどを手がけるNEWRON(ニューロン、大阪府和泉市)を設立した西井香織社長(25)が講師を務める。

1人数分間でビジネス企画を提案する場も設ける。成績優秀者は重見社長に同行、起業家の仕事ぶりを目の当たりにする機会を得られる。同センターの共用オフィスを来年3月まで無料で利用でき、起業支援マネジャーの助言も受けられる。

定員は20人。大阪府立大学や関西大学、近畿大学経営学部などが趣旨に賛同し、学生に情報を提供している。

同センターは堺商工会議所なども出資している第三セクター。スタートアップが入居するインキュベーション(ふ化)施設を運営するなど新事業の創出を促進している。



コメントを残す