【一般募集】CLT工法のフランチャイズ事業説明会を開催します – PR TIMES (プレスリリース)

Home » 起業・独立 » フランチャイズ » 【一般募集】CLT工法のフランチャイズ事業説明会を開催します – PR TIMES (プレスリリース)
フランチャイズ, 起業・独立 コメントはまだありません



10月に東京・大阪・福岡の3会場で行われた、CLTの『営業・技術ノウハウ公開セミナー』への参加者を対象に行うが、一般参加も広く募集している。



▼説明会概要
 内容:
 1,日本CLT技術研究所のご紹介・フランチャイズ事業のご説明
 2,CLT施工物件の見学
 3,フランチャイズ加盟の流れ・個別のご相談
 開催日:2019年11月14日(水)または12月12日(水)
 開催時間:13:30~16:00(開場13:00~)
 参加費:無料
 建築場所:〒721-0973 広島県福山市南蔵王町六丁目1-18
 ライフデザイン・カバヤ株式会社 福山支店
 参加申込:日本CLT技術研究所WEBサイト内お知らせ(http://u0u0.net/NdRR)よりお申し込み下さい。

▼日本CLT技術研究所とは

日本CLT技術研究所は、CLTを活用した建物の普及と技術開発を目的に2018年4月に設立された、ライフデザイン・カバヤ株式会社が運営するフランチャイズネットワーク本部である。加盟メリットは、意匠/構造設計のアドバイスやコンサルティング、オリジナルCLTパネル購入/オリジナル接合金物の購入、オリジナル構造計算システムを用いた構造計算サービスを受けることが出来る。

本加盟企業の募集を2018年9月1日からスタートし、3年間で50社程度のネットワークとなることを目指す。

▼オリジナルCLTコア構法『LC-core構法』

大学教育機関と民間企業数社らと共同で独自のCLT専用接合金物を用いて、簡単に構造計算ができるオリジナルCLTコア構法(以下、『LC-core構法』)を共同技術開発。この構法は、CLTパネルを効率よく配置し、パネルの使用量を抑えた構法となっている。

壁・床・屋根などの構造躯体はCLTパネルで構成し、耐力壁を『コア』型に配置。本来であれば、垂直方向の壁には、すべてCLTパネルを配置していたが、『コア』型にすることにより、必要なだけのCLTパネルと在来軸組フレームで新たな木質空間を創り出す。これによりCLTパネルの立米数を減らし、歩留まりを向上させ、コストや施工性・工期にも配慮した構法となっている。延べ床面積が同じ程度の建物の場合、鉄筋コンクリート造に比べて工期が約半分程度で済む。

それに加え、耐力壁はコア型にすることで、フレキシビリティな空間を創ることが出来、将来の間取り変更にも対応できる。

(財)日本建築センターの工法評定(評定番号:BCJ評定-LW0074-01)も取得済みで、CLTでの工法評定の取得は国内初となる。

▼つくば防災科学技術研究所での実大振動台実験

2017年10月に行った振動台実験では、阪神大震災の地震波を含む様々なケースで実施したが、金物破壊及びCLT破壊は見られず、高い耐久性を実証した。

 動台実験の様子https://youtu.be/JJj4rytKhbE

▼『業界初』のルート3まで対応可能なCLTパネル工法の構造計算ソフトが使える!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000068.000026371.html

▼本部名

 団体名:日本CLT技術研究所

 設立:2018年4月20日

 本部:東京オフィス

    岡山オフィス

 フリーダイヤル:0120-50-6663

 WEBサイト:https://nc-labo.jp/

 Facebook:https://www.facebook.com/nclFAN/

 YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC0oL2XQytTDac9nnj6nzamw

▼会社概要

 商号:ライフデザイン・カバヤ株式会社 https://lifedesign-kabaya.co.jp/

 設立:昭和47年12月1日/カバヤ小掘住研株式会社として設立

 平成2年/エス・バイ・エル・カバヤ株式会社に社名変更

 平成29年/ライフデザイン・カバヤ株式会社に社名変更

 資本金:9,000万円(授権資本3億6,000万円)

 売上高:187億円(平成29年度)



コメントを残す