長野)進化する信州の酒 ワイナリー開業、新しい日本酒 – 朝日新聞社

Home » 起業・独立 » 長野)進化する信州の酒 ワイナリー開業、新しい日本酒 – 朝日新聞社
起業・独立 コメントはまだありません





 長野の大きな魅力の一つは、おいしいお酒。老舗旅館がワイナリーをオープンしたり、新しい日本酒ができたり。観光資源にもなっている信州の酒づくりは、この冬も進化し続ける。

藤村ゆかりの宿 ワイナリー開業

 島崎藤村ゆかりの老舗旅館が1日、小諸市の丘陵地にワイナリーをオープンした。地元産のブドウを使い、年間1万5千本(1本750ミリリットル)の生産をめざす。佐久税務署によると、管内でのワイナリー設立は1973年のマンズワイン小諸ワイナリー以来、45年ぶり2カ所目という。

 標高約800メートルの御牧ケ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら



コメントを残す