零下キープする保冷材 シャープが初の社内起業商品 – 日本経済新聞

Home » 起業・独立 » 零下キープする保冷材 シャープが初の社内起業商品 – 日本経済新聞
起業・独立 コメントはまだありません





シャープは11月上旬、社内起業組織の開発商品を初めて一般発売する。日本酒などの飲料の温度を零下にする保冷材を販売する。経営危機を経て台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入ったシャープは、将来の収益の柱を育てるため新規事業の創出に力を入れてきた。スタートアップ企業との連携にも取り組んでおり、新しいビジネスが生まれつつある。

保冷材を収める容器はボトル型で、びんや缶などを上から入れる。容器の内側に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



コメントを残す