創業422年、日本最古のとろろ屋さんで味わう最強メシ – Yahoo!ニュース 個人

Home » 起業・独立 » 創業422年、日本最古のとろろ屋さんで味わう最強メシ – Yahoo!ニュース 個人
起業・独立 コメントはまだありません



とろろ汁に最もおすすめな「自然薯」

「とろろ」といえば、生の山芋をすりおろしたもの。とろろ汁がある限り、ごはんが永遠に食べられてしまう、最強のごはんの友です。何が「最強」かというと、そもそも山芋の健康効果がスゴイ。山芋には強力な消化酵素「アミラーゼ」がたっぷり含まれており、ネバネバ成分の「ムチン」はたんぱく質の吸収を助け、胃の粘膜を保護する働きがあることから、生のままで「消化に良い」「胃にやさしい」食材の代表格。胃が疲れているときや、食欲がないときでも「とろろめし」ならサラッと食べられてしまいます。

そのとろろ汁に最もおすすめなのは「自然薯(じねんじょ)」自然薯は日本ではお米よりも古くから食べられていた在来種の山菜で、整腸作用をはじめとしてビタミンやミネラル、食物繊維も豊富なので、疲労回復や滋養強壮にも効果的として、古くから日本人の健康を支えてきた日本古来のスーパーフードです。中でも、自然薯は山芋類の中で粘りと風味が最も強く、栄養もたっぷり。とろろ料理のお店は全国にありますが、江戸三大文化人の松尾芭蕉や歌川広重、十返舎一九の作品にも登場する、日本で最も古いとろろ屋さんは【静岡県】にあるんです!

創業422年目!「東海道五十三次」に描かれた「元祖 丁子屋」

そのとろろ屋さんがあるのは、静岡県静岡市駿河区丸子(まりこ)。江戸時代に物流の要だった旧東海道で、日本橋から数えて20番目の宿場町として栄えた「丸子宿(鞠子宿)」の丸子川沿いにあります。この昔ながらの面影を色濃く残す古民家が「元祖 丁子屋(ちょうじや)」。歴史と情緒を存分に感じるのもそのはず。丁子屋のはじまりは慶長元年1596年で、今年でなんと創業422年目になる老舗中の老舗。この貫禄にも納得の歴史を誇ります。浮世絵や和歌に興味のある人なら「丸子宿」とこの外観でピンと来るはず。丁子屋は、江戸時代の最も有名な浮世絵師、歌川(安藤)広重の代表作である『東海道五十三次』にも描かれているお店です。

この名店を案内してくださるのは、丁子屋の十三代目当主、柴山馨さん。店内に一歩足を踏み入れると、まず驚くのは入口からは想像できない広さ。9つもある畳敷きの大広間が廊下でつながっていて、予想以上に奥行きのある空間が広がっています。

―― お店の中はずいぶん広いですよね。
柴山さん:「何回も増築を繰り返しているので、今は270席ほどあります。40年前にかやぶき屋根を移築したときは、あの棟を増築したんですよ」
―― 創業当時からとろろ汁を提供していたのでしょうか?
柴山さん:「最初は東海道を通る旅人をもてなすために、お茶屋さんとして開業しました。とろろ汁を始めた時期は明確ではありませんが、1691年に松尾芭蕉が詠んだ句には、丸子宿のとろろ汁が登場しています。宇津ノ谷(うつのや)峠に備えて旅人に精をつけてもらうために、冬場にとれる自然薯をふるまうようになったのが丁子屋のとろろ汁のはじまりで、後に十返舎一九の『東海道中膝栗毛』の丸子のシーンでもとろろ汁が登場しているように、宿場名物として定着したようです」

静岡市と藤枝市の境にあるのが宇津ノ谷峠。現在は国道1号線の直線トンネルが通っていますが、かつては旅人たちが歩いて越えた山道でした。この難所に備えて、スタミナをつけてもらうために登場したのがとろろ汁。江戸の町人、弥次郎兵衛と喜多八の「弥次喜多コンビ」が東海道で織りなす珍道中を描いた滑稽本『東海道中膝栗毛』。丸子のとろろ茶屋で夫婦げんかに巻き込まれて、とろろを食べそこねた弥次さん、喜多さんが残したエピソードが描かれています。松尾芭蕉、十返舎一九、歌川広重。日本人なら誰もが聞いたことのある江戸三大文化人に注目された丁子屋のとろろ汁。そう聞くと、一気に期待が高まります。

―― それだけ有名ということは、静岡の自然薯は他の地域のものと違うんでしょうか?
柴山さん:「静岡中部の土壌は栄養豊富なアルカリ性の玄武岩で、気候風土も生育に適していたので良質な自然薯が育ったようです。土の中で育つ自然薯は土の栄養をそのまま吸収するので、土壌の性質が何よりも大切。現在、丁子屋で使っている自然薯は、牧之原市を中心とした契約農家で栽培する静岡在来種を使っています。そこでは地中に防虫・防薬に優れたダクトを埋め込んで害のある虫や菌を防ぎ、化学農薬や化学肥料を極力使わずに、自然に近い形の有機農法で丁寧に育てているんです。地上にのびるツルの付け根にできる肉芽の『ムカゴ』栽培から、3年もかけて育てられた自然薯は、土の香りも強く、豊かな風味を携えています」

土の中の養分を吸収して成長する自然薯栽培では、何よりも「土づくり」が重要。丁子屋では、何十年も自然薯栽培を続ける県内の農家と協力して、「生態系農法」と呼ばれる食物の生命力を最大限に発揮させる有機農法で、丁寧に育てられた自然薯を使っています。手間暇がかかる分どうしても高価になりますが、その強い風味やキメ細かさは、長芋など他の山芋類と比べると全くの別物。冬の貴重な栄養源として、古くから受け継がれてきた丸子の自然薯は、自然の恵みを宿した食べ物。まさに、母なる大地の贈り物といえます。

―― 「良い自然薯」とはどんなものを指すのでしょうか? 大きさですか?
柴山さん:「自然薯で大切なのは『バランス』ですね。大きければよいというわけではなく、大きすぎると水分が多くて粘りが少なくなります。良いものはキメが細かく、香りや風味が強い。うちで使う自然薯は1本500g~600g前後です。見た目、香り、味、粘り気、食感など、総合的なバランスで評価するので、見た目だけでは自然薯を判断できないのが正直なところです。ちょっと見てみますか?」

そう言って、別棟の保冷庫に案内してくれた柴山さん。冬に収穫した自然薯は保冷庫で保冷しておくそうで、扉を開けると自然薯が入った細長い段ボール箱が大量に積まれています。

【関連記事】



コメントを残す