軽減税率、意思確認必要 イートイン「外食」困った コンビニ「混乱生む」 – 毎日新聞

Home » 起業・独立 » フランチャイズ » 軽減税率、意思確認必要 イートイン「外食」困った コンビニ「混乱生む」 – 毎日新聞
フランチャイズ, 起業・独立 コメントはまだありません



 <access>



 来年10月の10%への消費増税で、飲食料品は軽減税率が適用され8%に据え置かれる。ただしコンビニなどのイートインコーナーでの飲食は「外食」だとして10%の税率が適用される。だが、商品を持ち帰る客とイートイン利用客を現実に切り分けられるのか。コンビニ店主たちが首をかしげている。【和田浩幸】

 小売店などで買う飲食料品(酒類を除く)は、生活必需品だとして低所得者への配慮などから軽減税率の対象…

この記事は有料記事です。

残り1036文字(全文1240文字)




コメントを残す