新橋~横浜間、開業時の鉄道の足跡をたどる – 鉄道コム

Home » 起業・独立 » 新橋~横浜間、開業時の鉄道の足跡をたどる – 鉄道コム
起業・独立 コメントはまだありません





「鉄道の日」は、1872年10月14日に日本初の鉄道が開業したことを記念して、1994年に運輸省(当時)が制定した記念日です。

「鉄道の日」にちなみ、日本で最初に鉄道が開業した新橋~横浜間にスポットをあて、創業時の駅、記念物、記念碑など、その原点をたどります。

1868年、明治維新とともに誕生した新政府は、その翌年12月に鉄道建設を決定しました。工事は、1870年4月に新橋~横浜間(約29キロ)で開始。測量のため、汐留の一角に最初の杭が打たれたのがその第一歩です。

鉄道建設にあたっての技術、資材、資金がなかった当時の日本政府は、イギリスの支援を受けることとし、お雇い外国人を招聘。建築師長として渡日したエドモンド・モレルをはじめとする指導、監督のもと、敷設工事が着手されました。線路幅を狭軌としたのは、モレルの進言があったことなどによります。単に線路を敷くだけの工事ではなく、海の埋め立てのほか、高輪や神奈川付近では、海上に堤を築くなど、簡単なものではありませんでしたが、1872年6月には、品川~横浜間(約24キロ)が仮開業しました。仮開業当日の運転本数は、2往復。その翌日からは6往復になりました。同7月には、途中駅にあたる川崎、神奈川(現在の横浜~東神奈川間に位置)の両駅が開業。同8月に新橋~品川間の線路がつながり、10月14日の開業式を迎えることになります。10月15日以降は、1日9往復が運転されたそうです。

着工から本開業まで2年半。日本で最初の鉄道は、明治時代に入って5年目という時期に開業しました。

旧新橋駅

駅舎は、1871年5月から同12月にかけて造られました。その跡地には現在、「旧新橋停車場」という名称で、当時の姿を忠実に再現した建物や鉄道設備があります。

旧新橋駅にあたる位置に建つ資料館「旧新橋停車場」。2003年に竣工しました。2階には、「鉄道歴史展示室」があり、企画展示などが行われています。
旧新橋駅にあたる位置に建つ資料館「旧新橋停車場」。2003年に竣工しました。2階には、「鉄道歴史展示室」があり、企画展示などが行われています。
旧新橋停車場には、測量のために打ち込まれた「第一杭」の場所に、鉄道発祥を印す「0哩標識」があります。写真の線路は、その標識を起点に数メートル分復元したもの。開業当時と同年代に造られたレールを移設したものです。
旧新橋停車場には、測量のために打ち込まれた「第一杭」の場所に、鉄道発祥を印す「0哩標識」があります。写真の線路は、その標識を起点に数メートル分復元したもの。開業当時と同年代に造られたレールを移設したものです。
1991年より行われた発掘調査で、旧新橋駅の駅舎やプラットホームなどの基礎にあたる遺構が見つかりました。旧新橋停車場には、その遺構をもとに復元したプラットホームがあります。元の長さは約152メートル。復元されたのは、駅舎寄りの25メートル分です。
1991年より行われた発掘調査で、旧新橋駅の駅舎やプラットホームなどの基礎にあたる遺構が見つかりました。旧新橋停車場には、その遺構をもとに復元したプラットホームがあります。元の長さは約152メートル。復元されたのは、駅舎寄りの25メートル分です。

アンケート

このリポート記事はいかがでしたか?
よろしければ、5段階にて、あなたの評価をお聞かせください。



コメントを残す