和歌山でやっと摘発 仲買人ルートで売却か – 毎日新聞

Home » 起業・独立 » 個人事業 » 和歌山でやっと摘発 仲買人ルートで売却か – 毎日新聞
個人事業, 起業・独立 コメントはまだありません



盗難被害にあった山ノ内利夫さんの倉庫=和歌山県みなべ町で、共同

 和歌山県みなべ町の倉庫から昨年12月、梅干し入りのたる約160個を盗んだなどとして男2人が9月、県警に逮捕された。梅の生産量が日本一の同県では2012年以降、同様の被害が12件起きているが、摘発は初めて。県警は実態が見えづらい仲買人ルートで売却したとみて調べる。



 被害にあった梅農家山ノ内利夫さん(71)は「逮捕を知り安心したが、損失は大きい」と悔しがる。高級品種「南高梅」の中でも高価なA級ばかり盗まれた。被害額は144万円相当。昨年は不作で取引価格が高騰し、A級10キロに約9000円の値がついたという。

 逮捕されたのはレッカー作業員、森一樹容疑者(36)=同県御坊市=ら2人。「盗んだ後、複数の加工業者…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文820文字)




コメントを残す