私に合った働き方は? 会社員とフリーランスのホンネ/読者座談会#2(前編) – cafeglobe

Home » 起業・独立 » フリーランス » 私に合った働き方は? 会社員とフリーランスのホンネ/読者座談会#2(前編) – cafeglobe
フリーランス コメントはまだありません



好評のカフェグローブ読者による座談会、第2弾を開催! どんどん多様化する女性たちの働き方。今回は会社づとめの方、フリーランスの方それぞれに、なぜそのスタイルを選んでいるのかなどをフランクに語っていただきます。



zadankai2_1_top-1

左より、N.K.さん、T.S.さん、T.K.さん、O.K.さん、O.M.さん、W.N.さん

座談会にお集まりいただいたのは……
N.K.さん(フリーライター)
T.S.さん(銀行員&マネー講師)
T.K.さん(アイウェアメーカーのトレーナー)
O.K.さん(病院勤務の介護士)
O.M.さん(食料品系バイヤー)
W.N.さん(ケアマネージャー&ヨガ療法士)
T.A.さん(フリーライター)

求めたのは、自分らしく輝ける場所

——今日お集まりいただいた皆さんには、まずは“転職”のご経験などを含め、今のお仕事について少し詳しくお伺いしていいですか?

O.M.「私は百貨店の食料品のバイヤーとして働いているのですが、前職は飲料メーカーで開発の仕事をしていました。“ザ・理系”の分野から、全然ちがうジャンルへの転職経験者です。“食”という方向性ではつながっているんですけどね」

zadankai2_1_1

T.S.「私はもともと広告代理店の社員でした。そこから銀行員に転職をして、もう6年近くになります。私も異なる業種への転職経験者といえますね。また、今の働き方をベースにマネー講師としても勉強を重ねている最中なんです」

O.K.「私の場合、転職はしていますが、ずっと同じ介護の分野。もう20年近くになります。ほかの分野に転職するって、すごいなって思っちゃいます」

W.N.「私も福祉関係の仕事です! ケアマネージャーとして正社員で働いています。すぐの転職は考えていないのですが、副業でしているヨガ療法士の仕事も大切にしています」

T.K.「私はアイウェアのメーカーで、自社のメガネやサングラスといった商品の魅力を伝え、売り場でのセールススキルの向上をはかるトレーナーとして働いています。とてもやりがいはありますが、正直独立にも興味はあるんです。でも、収入と支出などのバランスはどうなるのかなとか……」

N.K.「それ、大事ですよね! 私は編集プロダクションを経て、この2月にフリーのライターになったばかり。そうやって一歩足を踏み出してみたら、毎月の健康保険料や税金での出費にびっくりしたんです(笑)」

zadankai2_1_2

T.S.「税金は前年の収入にかかってきますからね。誤算があるとはよく聞きます」

T.A.「私も6年前からフリーライターに。以前は美術展の運営や音声ガイドの制作などに携わってきたのですが、ライターの方と接する機会も多く、こっちの方が向いているかも?と思ったことがきっかけでした(笑)。今はもう少し幅広くお仕事をしていけたらと思っているところです」

やりたいことと“お金”のバランス

——フリーに興味はあっても、収支の面がネックという方もいらっしゃるようですね。

N.K.「やはり思っていたよりも税金などの支出が多くなってしまったのは想定外。今は編集のアルバイトなども始めて安定してきているところです。でもやはり書く仕事が大好きなので、後悔がないんですよね!」

T.A.「私も今の働き方を気に入っています。仕事を通じていろいろな出会いも学びもありますし、また経済面でも“ぜいたくをしなければ”というレベルですが、安定はしているので」

T.K.「私はできれば今の会社員時の収入のレベルは維持できたらとは思うんです。それでフリーのお仕事ができたらいいのになぁ(笑)」

zadankai2_1_3

T.S.「私もマネー講師としていつか独立できたらとは思いますが、産前産後休暇、育児休暇は会社員のうちに効率よく取りたいですね。まだ予定はないのですが、女性はそういうライフプランもありますもんね」

O.M.「出産などは、私もまだこれから。転職前よりは少し収入が落ちたのですが、今のベンチャー気質の職場で好きなことができてとても幸せです。もちろん生活は、大事ですけどね(笑)」

O.K.「私もお年寄りの方から『ありがとうね』って言われることが何よりもうれしくて。介護の仕事はお給料はそんなによくはありませんが、ハードでもやりがいがあります」

W.N.「私はもう少しで子育ても一段落。本当はヨガ療法士、一本でやりたいけれど収入が安定するかは別問題。ただヨガを学んでから、お金だけではない人生の価値観に気づけた気がして。女性の生き方はいろいろあっていいんじゃないかなと思います」

zadankai2_1_4

後編につづく(後編は9月30日公開予定!)

第3回 カフェグローブ読者座談会 開催決定!

しごとのホンネを語り合う、カフェグローブ座談会vol.3を開催いたします。
日時:2018年10月11日(木)19:00〜20:30
場所:メディアジーン内カフェグローブ編集部(東京・渋谷)

参加無料。詳細・お申込みはfacebookイベントページからどうぞ。
お申込みは10月9日(火)まで。皆さまのご参加、心よりお待ちしております。

文/齋藤規子、撮影/中山実華

▼ Sponsored

世界を動かすトイレの伝道師、ジャック・シムさん

不動産ビジネスで成功を収めたのちに突如、トイレ問題に向き合う社会起業家として活動をはじめたジャック・シムさん。政府、国連まで突き動かした彼の活動の原…

https://www.cafeglobe.com/2018/09/mu2_jacksim.html?test2018_01

【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?……YES!

仕事時にぴったり、といわれながら、多機能すぎて使いこなせるのかどうかと、ハードルの高さを感じる女性も多いスマートウオッチ。そこで、編集部員が実際に着…

https://www.cafeglobe.com/2018/09/citizen_eco-drive_w410.html?test2018_01



コメントを残す