「脱北者」の博多ラーメン、韓国団体が開業支援 : 国際 : 読売新聞 … – 読売新聞

Home » 起業・独立 » 「脱北者」の博多ラーメン、韓国団体が開業支援 : 国際 : 読売新聞 … – 読売新聞
起業・独立 コメントはまだありません



 韓国生活になじめない北朝鮮からの「脱北者」が増える中、支援団体が日本風ラーメン店の経営研修を行っている。韓国での日本食ブームに乗り、順調に売り上げを伸ばしている店が多い。社会主義経済下で長く暮らし、商売に不慣れな脱北者を支援する取り組みとして注目されている。



 「毎日100人のお客さんが来てくれるまでになった」。ソウルのラーメン店「物語を込めたラーメン 文来ムンレ店」の李星陳イソンジン店長(28)は、女性店員2人と約20席の店を切り盛りしている。客の8割が常連だ。2016年末に店長となり、1日に約70万ウォン(約7万円)の売り上げがある。

 李さんは1997年冬に北朝鮮北部清津チョンジン市で5歳だった妹を飢えで亡くし、墓前においしい料理を供えてやりたいと思い、調理師を志した。2004年3月に家族と脱北し、韓国の大学で調理を専攻した。



コメントを残す