最低賃金が低い地方の中小、引き上げへ助成増 厚労省 – 日本経済新聞

Home » 資金調達 » 助成金・補助金 » 最低賃金が低い地方の中小、引き上げへ助成増 厚労省 – 日本経済新聞
助成金・補助金, 資金調達 コメントはまだありません





 厚生労働省は2019年度に、最低賃金が低い地方の中小企業への支援を手厚くする方針だ。今は一定額を引き上げた企業に最大100万円を助成しているが、事業所内の最低賃金が800円未満の地方企業については助成額を同170万円に増やす。都道府県間の最低賃金の格差が広がっており、低い地域の底上げを促す。

 「業務改善助成金」と呼ぶ制度を見直す。現在は企業が最低賃金を30円以上引き上げた場合、労働者数に応じてす…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!



コメントを残す