奈良)模索続く補助金支出 5回目の「なら国際映画祭」 – 朝日新聞社

Home » 資金調達 » 助成金・補助金 » 奈良)模索続く補助金支出 5回目の「なら国際映画祭」 – 朝日新聞社
助成金・補助金, 資金調達 コメントはまだありません





 「なら国際映画祭2018」が20日、奈良市で始まる。2010年から2年に1回開かれ、2、3回目と市が補助金を支出したが、4回目は市議会の理解が得られずストップ。5回目の今年は補助額を減らして復活した。市の模索は続く。(根本晃 根本晃)

 なら国際映画祭は、奈良市出身の映画監督、河瀬直美さんの呼びかけで始まった。NPO法人の実行委員会が運営。メインのコンペティション部門では世界各地の若手監督が最高賞の「ゴールデンSHIKA賞」を競う。今年の総予算は約6千万円としている。

 市は、文化、経済的な波及効果が期待されるとして、12年度に1千万円の補助金を支出。14年度は1400万円に増やした。

 16年度、市は補助金1260…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら



コメントを残す