41歳貯金940万円 。生活を楽しみつつ老後資金は貯められる? – BIGLOBEニュース

Home » 起業・独立 » 会社 税金 » 41歳貯金940万円 。生活を楽しみつつ老後資金は貯められる? – BIGLOBEニュース
会社 税金, 起業・独立 コメントはまだありません



皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、今の生活を楽しみつつ老後資金も貯められる、その収支バランスに悩む41歳の会社員女性。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします

写真を拡大

毎年税金が高くなっている!会社員にオススメの節税法はありますか?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、今の生活を楽しみつつ、老後資金も貯められる、その収支バランスに悩む41歳の会社員女性。老後資金の試算や節税法など、ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。



相談者

旅人スナフキンさん(仮名)
女性/会社員/41歳
関東/賃貸住宅

家族構成

一人暮らし

相談内容

お子さんのいるご家庭と比べると比較的余裕のある家計かとは思っているのですが、やはり独身のため老後が心配です。かといって、むやみやたらと貯蓄に励むようなことはしたくありません(貯蓄を意識するようになったのは、ここ数年のこと)。せっかく独身で自由の身ですし、旅行や趣味など今を楽しみつつ老後のための貯蓄をしていくよいバランスとして、今のこの年収から考えて、毎月の貯蓄率は何パーセントくらいが妥当でしょうか。また毎年地味に税金が高くなっていて、何かいい節税方法はないかと考えています。会社員でも可能なおススメ節税方法を教えてください。

家計収支データ

旅人スナフキンさんの家計収支データ

家計収支データ補足

(1)ボーナスの使いみち
貯蓄80万円、買い物18万円
※ストックオプション権利は数年後に行使可能(取得費はゼロ、ただし税金が発生)

(2)加入保険の保障内容
・本人/医療保険(終身タイプ、65歳払い済み、入院5000円、女性疾病入院5000円加算、他にがん特約)=毎月の保険料4500円

(3)住宅について
65歳になったら地元に帰って中古マンション(1500万円ほど)購入希望。

(4)相続について
基本的に相続はアテにはしていないが、兄と折半で数百万円はあるとのこと。

(5)定年と退職金について
定年60歳。定年延長、再雇用制度ともになし。退職金はおよそ300万円。相談者コメント「働くことは好きなので元気なら70歳くらいまでは働きたい。理想は月収10万円。大きな病気もせず、95歳で死ねたら本望」

FP深野康彦の2つのアドバイス

アドバイス1 貯蓄率は現状を維持できれば問題なし
アドバイス2 iDeCoを活用して、効率よく老後資金づくりを

アドバイス1 貯蓄率は現状のままで問題なし

ご相談にある「妥当な貯蓄率」ですが、当然ながら各世帯の家計状況や家族構成、ライフプランによってそれは異なります。旅人スナフキンさんの場合、毎月の貯蓄率は28%。これ自体、大変高い数値ですし、現状を考えれば、このペースで問題ありません。少なくとも、老後資金について大きく困ることはないでしょう。

まず、年間の貯蓄額ですが、持株会も含めて年間198万円(月9万円、ボーナスから年間90万円)。定年となる60歳までの19年間で3762万円貯まります。今ある貯蓄、投資商品、さらに退職金を加算すると約5000万円。この金額が計算上、60歳の時点での金融資産=老後資金ということになります。しかも、これには将来手にするストックオプションによる所得は加えていません。

60歳以降は生活費が変わらないとすると、月25万円ほど(ボーナスからの支出分は月割りで加算)。定年後、月10万円で働くとなると、毎月の不足額は15万円。65歳までの5年間で900万円。これを貯蓄分から差し引くと4100万円。さらに、65歳で1500万円のマンションを購入(諸費用と合わせて1700万円)すると、手元に残るのは2400万円となります。

マンション購入後、管理費・修繕積立金、固定資産税が発生しますが、それまで支払っていた家賃がなくなりますから、結果的に生活費は購入前より5万円程度下がるはずです。便宜上、そこから収入は公的年金だけとすれば、毎月の不足額は月3〜5万円。多めに見て5万円とすれば、90歳まで25年間の不足額は計1500万円。それでもまだ、900万円ほど手元に残ります。さらに、先ほども触れましたが、これにストックオプションによる所得分を加味すれば、ご希望の95歳まで、資金面は足りると考えていいでしょう。

また、現状の貯蓄ペースを落として、旅行など、希望する生活を楽しむ支出を増やしてもいいと思います。もちろん、その額にもよりますが、年間10万円程度の支出増なら老後資金にさほど影響はないと考えます。

アドバイス2 iDeCoを活用して、効率よく老後資金づくりを

次に「会社員でも可能なおススメ節税方法」ですが、iDeCo(個人型確定拠出年金)がもっとも効果的だと思います。掛金が全額所得控除の対象になりますから、年末調整によって所得税や住民税が還付されます。

毎月の掛金の上限は、勤務先に企業年金制度がない場合は2万3000円(ある場合は月2万円もしくは1万2000円)。年収500万円の会社員が月2万円積み立てるというケースで、節税額の目安はおよそ4万8000円。毎年還付されれば、トータルでかなりまとまった額となります。

注意点はとしては、iDeCoは老後資金づくりに特化した制度ですから、引き出せるのは原則60歳以降ということ。それでも、旅人スナフキンさんは上限までを掛けても問題ないはずです。もうひとつ、iDeCoは口座開設、管理等にコストが発生しますが、その額は口座を扱う金融機関によって異なります。事前に調べてから、利用する金融機関を選んでください。

また、iDeCoで買っていく投資商品は投資信託ですが、何を購入するにせよ、金融機関が用意した中から選択する形となります。また、あまりリスクを取りたくなければ定期預金型もありますので、そちらを利用すればいいでしょう。

相談者「旅人スナフキン」さんから寄せられた感想

アドバイスありがとうございました。とりあえず今の貯蓄ペースで問題ないとの事で安心しました。お勧めいただいたiDeCo については名前は知ってたのですが、自分でも仕組みをよく調べて検討したいと思います。何十年も先のことは不確定要素が多いですが、あまり不安になりすぎず、まずは1年でも長く働けるよう日々健康には気をつけたいと思います。

教えてくれたのは……
深野 康彦さん

マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など

取材・文/清水京武
(文:あるじゃん 編集部)



コメントを残す