【セカンド女子】毒親から既婚者に移った依存先。仕事をエサに不倫関係を迫られたフリーランス女子はそれでも幸せだと語る~その1~ – ニコニコニュース

Home » 起業・独立 » フリーランス » 【セカンド女子】毒親から既婚者に移った依存先。仕事をエサに不倫関係を迫られたフリーランス女子はそれでも幸せだと語る~その1~ – ニコニコニュース
フリーランス コメントはまだありません



2030代の独身女性の彼氏がいない確率50える今。いつの間にやら少数になった彼氏持ち女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去恋愛から、その原因を探っていきます。



☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内でフリーデザイナーとして働く飯田理子さん(仮名・34歳)。の長さのショートボブヘアはパーマで外ハネスタイルに、ナチュラルメイクながら眉毛に合わせた色に染められています。装はウエストラインにギャザーの入った、カーキの長袖シャツワンピを着ており、マキシ丈からチラッと見える刺繍の入った靴下など、細部にオシャレさを感じます。話し方はハキハキしていて、第一印は好感を持たれることが多そうです。そんな彼女セカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は都心よりの千葉県で、両親との3人家族です。実は3歳の時までは4人家族でした。2歳上にがいたんです。は生まれつき体が弱く、入退院を繰り返していて、5歳の時に亡くなりました。私は小さいこともあってあまりの記憶がないんですが、母親に付きっきりでしたね。そしてが亡くなってからは私に過干渉になっていきました。どこに行くのにも、と、どこへ、何時に帰るかを報告させられていました。私は中学の時には親から携帯を持たされていましたから」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

社会人になってからです。学生時代は母親からの過干渉で何もできない状態でした。に帰ると携帯の電オフにしないといけなかったんです。一度高校の時に電話に、好意を持っていたクラスメイトから電話があったんです。私はお風呂に入っていて取り次いでもらえなかったんですが、その後母親から『どういう関係なのか?』『彼は理子のことが好きなのか?』『理子は彼のことをどう思っているのか?』など怒りはしないものの、質問攻め。きっと彼にも電話口で質問攻めをしたんだと思います。彼とは徐々に疎遠になっていきましたから。

初めての彼氏は、就職先のデザイン事務所で出会った2歳年上の先輩です。私は高卒と言う学歴を両親に許してもらえなかったので、短大卒業後に専門学校に入ったんです。なので事務所には2歳下の子と同期入社で、なんとなく年齢に劣等感があったんですよね。ともうまく仲良くできなかった時に、優しく相談に乗ってくれていたのが先輩でした」

会社ではクライアントとの打ち合わせはいつも苦痛だったとか。しかし、その経験で理子さんは社交性を磨いていきます。

「彼は見た普通なんですが、社交性があって仕事ができるタイプ。私は彼のようになりたかったんです。私は元々引っ込み思案で、言いたいこともあまり言えなくて、特に会議中などは自分の意見を言ったことなんてありませんでした。そんな自分が大嫌いで、打破したかったんです。

クライアント普通の人から、横暴なことを言う人もいました。先方のせいでデザイン素材が遅れに遅れた場合でも、帳を合わせるために徹夜を強いる人もいました。下請けの悲しさですよね……。そんな経験で、不条理にも仕方ないと諦める事、そして仕事上での想笑いができるようになりました」

社会人になっても外泊は許してもらえず。感情的になりを飛び出したものの……

会社に泊まるなどの務の中でも、母親は都内での一人暮らしを許さず。そのことが原因で母親ケンカをしてしまい、を飛び出します。

社会人になっても外泊は禁止。始発で帰って、2時間ほどでを出るような暮らしでもです。忙しくて中まで会社で仕事をしているのに、母親に本当に会社にいるのか、写メを送らないといけなかった。もう限界でした。休みの日に両親に一人暮らしを必死にお願いしました。でも取り付くもないくらいダメの一転り。思わずを飛び出してしまったんです。

行ったのはもちろん彼のです。携帯の電を切ったまま、週末は彼のでお世話になりました。そしたら週明け会社に母親から電話があったんですよ。仕方なくに戻ることにしたんですが……」

社内で広まる母親異常な行動。職場に居づらくなってしまい、理子さんは退職。彼氏とも別れてしまいます。

「仕方ないんですよね。彼にも自分からサヨナラを言いました。辞めた後はすぐに会社などのパンレットなどのデザインメインで行なう会社に再就職しました。そこは前職より残業などは多くなく、自由な時間が較的ありました。でも、には帰りたくないんです。なので、いた時間にアルバイトをすることにしました。都内から自宅までの帰り道の沿線にあるスナックカウンターレディーを始めたんです。そこである男性と知り合って、私はフリーランスでの仕事を始めました。でも、その人は私に見返りをめてきたんです……」

小さい頃はにとられていた母親が自分の元に帰ってきたような気持ちになり、嬉しかったそう。

自宅に帰りたくない思いから、気軽に始めたカウンターレディー仕事。そこで知り合った男性の紹介により、個人の仕事を受けていくことになりますが……。~その2~に続きます。

関連画像



コメントを残す