「宿泊、飲食」は0.4ポイント悪化 総務省「個人企業経済調査」4~6月期 – 観光経済新聞

Home » 起業・独立 » 個人事業 » 「宿泊、飲食」は0.4ポイント悪化 総務省「個人企業経済調査」4~6月期 – 観光経済新聞
個人事業, 起業・独立 コメントはまだありません





 総務省はこのほど、個人企業経済調査(動向編)の4~6月期確報を公表した。個人企業(個人経営の事業所)のうち、「宿泊業、飲食サービス業」の業況判断DI(良い・好転とした企業割合から悪い・悪化とした企業割合を引いた値)はマイナス52.9で、前期(1~3月期、マイナス52.5)から0.4ポイント悪化した。ただ、来期(7~9月期)は改善の見通し。個人企業全体はマイナス54.3で、同4.0ポイント改善した。

 ほかの業種を見ると、「サービス業」はマイナス54.1で、同6.0ポイント改善。「卸売業、小売業」はマイナス58.0で、同4.5ポイント改善。「製造業」はマイナス45.8で、同4.4ポイント改善。

 来期の見通しDIは、「宿泊、飲食」がマイナス46.4で、今期比6.5ポイント改善。個人企業全体はマイナス52.0で、同2.3ポイント改善。

  • 2018年9月15日
  • NEW!

全国知事会の「新たな外国人材の受入れプロジェクトチーム」(リーダー・大村秀章愛知県知事)は8月28日、「外国人材の受入れ・共生に向けた提言」をまとめた。政府が外国人材の受…

続きを読む

  • 2018年9月14日

法務省は、訪日外国人旅行者や在留外国人の増加、外国人材の新たな在留資格の創設などに対応するため、2019年度に向けた組織要求で、「入国在留管理庁」(仮称)の新設を求めた。…

続きを読む

  • 2018年9月13日

観光庁は、2019年度に向けた組織・定員要求で、新たなポストとして国際観光部長(仮称)、MICE・IR担当参事官(同)の設置を求めた。インバウンドの促進、IR(統合型リゾ…

続きを読む



コメントを残す