不正融資で撃沈したスルガ銀行。借りたサラリーマン大家たちのホンネは… #全宅ツイ – ニコニコニュース

Home » 資金調達 » 融資 » 不正融資で撃沈したスルガ銀行。借りたサラリーマン大家たちのホンネは… #全宅ツイ – ニコニコニュース
融資, 資金調達 コメントはまだありません



 当初の予定から1週間遅れとなる、9月7日表された「スルガ銀行第三者委員会の報告書」。



 報告書はスルガ銀行ホームページから見られますが、厳しいノルマとパワハラに疲弊し、不正が蔓延るスルガ銀行内部の様子が記されていました。

 シェアハウス問題以降、とかく世間からかれがちなスルガ銀行ですが、不動産投資線に立つとその評価も少々異なるようです。アパート大家として、不動産賃貸業を営む「エンド」(@mikumo_hk)はこうります。

お金を貸してくれる銀行=いい銀行

「私は現在、いろいろな機関から19本のローンを借りているんですが、正直、お金を借してもらうのって毎回、毎回、面倒なんですよね。

 やれ、『物件が古すぎる』『賃から返済できるのか』『利があがったらどうすんだ』『担保評価が足りない』『うちの支店から遠い』『貸してもいいけど、自己資2割いれてね』といった具合に、とにかく機関からの注文が多いのです」

 不動産投資では大きなお金が動くだけに、物件の精や融資ための手続きなど銀行にも相応の手間と負担がかかります。

「不動産投資からすると、とにかくお金を貸してもらわないと投資ができないので、そうなると、お金を貸してくれる銀行が“いい銀行”。言い訳ばかりして貸してくれない銀行は“わるい銀行”という評価になりがちです」

審査の速さに定評のあったスルガ銀行

 スルガ銀行の審のスピーディーさは不動産投資の間で知られており、かつては「何件も買付けが殺到するような人気物件をいちく押さえるのに、うってつけな機関だった」と言います。他行が真似できない審スピードスルガ銀行はどうやって実現していたのでしょうか?

スルガ銀行の審速さは、ろくすっぽ物件を見ないからこその側面がありました。そのリスクは会社員の徴収票、つまり安定した給与収入でヘッジするような貸し方をしてるんです」(どエンド君、以下同)

 万が一、賃料収入からの返済が困難になれば、債務者の給与収入で補填するという考え方です。

「ただし、これだと専業大家賃収入しかない私には1円も貸してくれないんですよね。だから、この先、スルガ銀行がつぶれようが、吸収合併されようが私とは1ミリも関係ないので、正直どうなってもいい。むしろ自分に貸してくれなかった銀行が困ってる様子を見ると、ちょっぴりご飯が美味しいです」

 ある程度の給与収入があるサラリーマン大家にとってスルガ銀行は、利は高いが、使い方次第という認識があったようです。

 そのうえで、スルガ銀行の融資スタンスをどエンド君はこう評価します。

「物件評価をえて、多めにリスクを取る替わりに高めの利でヘッジする、そういう貸し方そのものはアリだと思います。だって、どの銀行も横並びでガッガチに担保をとって地持ちしか不動産を買えない世界より、『お金はないけどこれから30年の会社員人生を賭けるから、1億円貸してくれ!』という人にも一発逆転の選択肢がある世界のほうが面くないですか?」

 実際、スルガ銀行から融資を受けて物件を購入、近年の不動産況の盛り上がりにあわせて高値売却で利益確定することで、“スルガドリーム”を掴んだ不動産投資も存在します。そのため、どエンド君が摘するようにスルガ銀行は労働者が資本家になるチャンス提供してくれたという見方も成り立ちます。

 そんなスルガ銀行への一言をどエンド君にめてみると、「ここ数年のエンド(=エンドユーザー、業者以外の個人投資など)不動産投資ブーム良い意味で悪い意味でも盛り上げてくれたキャラの立った銀行でした。いまはただ安らかに眠られることを祈るばかりです(黙祷)」と。悲しみに包まれた様子でお別れの言葉を口にしました。

これから投資を始める人に

 また、先輩不動産投資として、どエンド君は不動産投資に興味のある人へこう助言します。

「世の中、わるい不動産会社なんてたくさんあるんですけど、『悪意天才と、善意馬鹿はあなたを同じところへ連れて行く』のだと思ってます。『コイツからぼったくってやれ』と悪意全開でやっていても、心から『これはいい話だ』と思って好意で勧めていてもです。

 投資の世界では結果しか評価されないので、動機はどうあれ、クソを掴んだらそれはクソでしかないのです。そしてダマされるほうが悪いとは言わないけれど、ダマされたお金は間違いなく返ってきません」

 スマートデイズ社の「かぼちゃ」問題でも、「若い女性の就業支援」や「社会貢献」が宣伝文句に登場することがありました。その言葉に共感して投資を決断したオーナーや、営業活動した販売会社もいるかもしれません。しかし、仮に善意だったとしても、クソだった以上どうしようもないというシビアな現実をどエンド君は突きつけます。

クソを掴まない自己防衛手段

 ではそんなクソにひっかからないために、気をつけるべき点とは?

向こうからやってくるものはすべてクソ。これに尽きます。流しそうめんのように上流から下流へ不動産の情報は流れてきます。自分よりも資があり、決断があり、経験豊富な投資が世の中には数にいて、上流にいる彼らが一人として手をださないから、いまあなたのの前にそのクソが流れついたのです」

 流しそうめんの下流の例として、どエンド君は無料セミナーの様子をあげます。

「都内の一等地にセミナー会場を確保して、受付のキレイおねえさんから立パンレットを渡されて、さらに無料ペットボトルお茶までくれる。なんで企業がわざわざ時間と、お金をつかってまであなたを説得してくれるのでしょうか」

 きれいにパッケージングされた商品は、利益が乗っかっている状態と考えたほうが良さそうです。

 では、流しそうめんの上流にありつく方法はあるのでしょうか。

「私の知っている不動産ブローカーは、いい物件情報を買わしていただく仲介さんにはむしろ身低頭して、隙あらば分厚いおを御馳走し、二次会ではアラフィフにも関わらず自ら率先してブラジャーを頭にかぶって場を盛り上げ、最後にタクシー代をポケットに入れて最敬礼で見送るといいます。もう一度言いますがアラフィフですよ

 良い物件情報ゲットするには、不惑をとうに過ぎた大の大人が、自らすすんでブラジャーを頭に被る、そんな営業努が必要だとどエンド君は説します。

お客様意識を捨てることが投資家には必要

投資家

 初心者投資からステップアップする方法をどエンド君に尋ねたところ、「お客様意識からの脱却」が大事だと言います。

「最初は私も不動産屋に騙されそうになるたび、『なんて、わるいらなんだ!!』と憤りを感じていたのですが、逆の立場になって考えたら、そもそも良し悪しのわからない人にわざわざ良いものを出しても、その良さが解ってもらえなかったら、ぜんぜん努が報われないですよね」

 魅的な物件ほどすぐにその良さを理解して、黙って買ってくれる人の元に渡るというのがどエンド君の考え方です。

「そして、買の反対側には売がいるので、自分が相場より安く買ってけたいということは、取引相手に本来もっと高く売れるものを安く手放して、損してほしいと願っているのと同じです。そう思うと、けたいという気持ちを抱いた時点で、もうプロも素人も関係ないし、お客さんという立場でもないですよね」

 投資の世界アマチュアであることを強調しても、ハンデがもらえるわけではないのです。これまでに手を変え品を変え初心者を嵌め込む商品が登場してきた不動産投資の世界。したたかに生き抜いてきたどエンド君は、こうボヤきます。

「それでも……もし、うまい不動産の話があって投資したくなったら、最寄りの全宅ツイ会員に相談してみてくださいねかぼちゃだって何年も前からけっこうみんなで警鐘を鳴らしていたんだよ……」

<取材・文/栗林篤>

【どエンド@mikumo_hk

IT企業imodeサイト退会遷移複雑化プランナーを経て失職。歩合給を握りしめ韓国エステ店を買ったところから不動産投資デビュー。買ったその週末に漏して、不動産屋を恨んだこともありますが……賃収入とローン返済の隙間で暮らして10年が経ちました。借10億円をめざして頑ってます

【全宅ツイ】

「全宅地建物取引ツイッタラー協会(全宅ツイ)」は、数億円の不動産を取引する不動産ファンドAMrからルノアールにたむろする免許ブローカーまでを会員に擁する、その保有資産、預り資産、グリップ資産の合計が2兆円をえる不動産Twitterer最大の業界団体です

スルガ銀行本店 ©kamonegi CC BY 3.0



コメントを残す