マーキュリア=エージャンと書簡形式の融資契約を締結 – エネルギーニュース

Home » 資金調達 » 融資 » マーキュリア=エージャンと書簡形式の融資契約を締結 – エネルギーニュース
融資, 資金調達 コメントはまだありません



 エネルギートレーディング会社のマーキュリア社(本社:スイス)は、国際的大手バンカー燃料供給供給業者のエージャン・グループ(本社:ギリシャ)と書簡形式の融資契約を結んだ。一部報道によるとマーキュリアは、エージャンに対する単独の資金の貸し手となり、先に結んだ基本合意書(MOU)に従い、2019年の1月31日までの期間、2億5千万ドルを北米事業、また7億5千万ドルを国際事業にそれぞれ信用供与契約という形で提供する予定だ。また、今後、マーキュリアはエージャンが発行する新株30%を引き受けることになる。



 一部市場関係者によると、エージャンが直近の決算書を公表しなかったことで、経営体制に不安を感じた船社が、その起用を見合わせるなど信用不安が生じている。融資契約のステップが着実に踏まれ、業績の不透明感が払拭されることで、安定した供給先としての地位を取り戻すことが期待される。既報のとおり、マーキュリアは従来、現物市場でのビジネスに投資しない方針だったが、これを機にバンカー重油の玉繰りからデリバリーまで一貫して手がける体制が整う。



コメントを残す