スルガ銀「融資」問題、実績がボーナスに直結 – 東洋経済オンライン

Home » 資金調達 » 融資 » スルガ銀「融資」問題、実績がボーナスに直結 – 東洋経済オンライン
融資, 資金調達 コメントはまだありません





問題発覚後にボーナスの制度を変更している

スルガ銀行のシェアハウスをめぐる、ずさんな融資の問題で、背景には融資の実績がボーナスに直結する利益至上主義があったことが日本テレビの取材でわかった。

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

スルガ銀行では、シェアハウス購入を希望する個人に十分な自己資金がなくても、改ざんされた通帳などをもとに融資を行っていた。

関係者によると、ずさんな融資の背景には、融資額が行員のボーナスに直結する制度があったことが新たにわかった。ボーナスの額が融資の契約額に応じて変動する仕組みで、年間で月給の4か月分から1年分までの幅があったという。

スルガ銀行では、問題発覚後にボーナスの制度を変更しているが、金融庁では利益至上主義がずさんな融資をうんだとみて、経営陣の責任を問う方針。

日テレニュース24の関連記事
悪質タックル 内田前監督ら任意で事情聴取
トランプ大統領”中国が米朝関係を損なう”
新潟・女性遺体 知人男性の車か、林道に車



コメントを残す