腐敗進むアマスポーツ界 日本に五輪開催する資格あるのか – ニフティニュース

Home » 資金調達 » 助成金・補助金 » 腐敗進むアマスポーツ界 日本に五輪開催する資格あるのか – ニフティニュース
助成金・補助金, 資金調達 コメントはまだありません



世間を騒がせた日本ボクシング連盟の山根明会長(78)が8日に辞任。長期にわたる独裁体制が一挙に崩れ、組織が刷新されるのか。2年後に東京五輪が控えているだけに関係者たちも目が離せないところだろう。



 今更ではあるが、助成金の不正流用や審判の不正ジャッジにパワハラ疑惑、宿泊先での笑い話のような「おもてなし」など、ボクシング連盟の腐敗がよくもここまでバレなかったものだ。

「それは、アマチュアボクシングがマイナー競技だからです」というのは、元産経新聞運動部長の津田俊樹氏(国士舘大政経学部非常勤講師)だ。

「卓球やバドミントン、水泳といった競技は国内ではメジャー競技ですから、記者もよく取材をするし、内部事情にも詳しい。しかし、アマボクシングは五輪の時以外はほとんど記事にならない。選手強化の助成金にしても、交付したら、『後はお好きにどうぞ』というような状態でチェック機能が働いていない。文科省やスポーツ庁、JOC(日本オリンピック委員会)などは、競技団体が適正に運営されているかもほとんど関与しない。ボクシングに関しては、国際協会の八百長疑惑や協会幹部が犯罪組織との関連を疑われるなどして、東京五輪から除外される危機にある。監督官庁は、『国内のボクシング団体は大丈夫か?』と、誰かしら疑問を持ってもおかしくなかったはずです」

 山根氏は2011年4月に会長に就任。12年のロンドン五輪後に終身会長につき日本連盟のトップに君臨してきた。その前の川島五郎会長(故人)も01年から9年間の長期政権だった。日本連盟の定款によれば会長の任期は2年だ。

「それが、7年以上も同じ人間が会長職に居座れば、独裁につながり、不正の温床になるであろうことは容易に察しがつく」と、スポーツライターの工藤健策氏がこう続ける。

「連盟会長の任期は公になっている。山根会長が7年目もトップにいること、定款にない終身会長という勝手な肩書で活動していたことは、日本スポーツ協会(旧日本体育協会)やスポーツ庁、JOCも知っていたはずです。監督、監視を怠っていたことが山根会長の独裁、ボクシング連盟の腐敗体制を許してきたと言っても過言ではない。このような事件が起きた以上、競技団体の金銭の出入りや運営体制などの監視を強めるべきです」

■日大アメフト部、女子レスリングも…

 今回のボクシング連盟の醜聞以外にも、今年はレスリング協会強化本部長によるパワハラ問題と日大アメフト部の監督、コーチが指示した殺人タックル事件などが起きている。これらに共通しているのが、選手(代表)選考を行う人物が騒動の「主犯」になっていることだ。

「オレの言うことを聞かなければ試合に出さない」「日本代表にも選ばない」

 この「脅し文句」は選手はもちろん、選手が所属するチームの指導者に対して最も効果がある。「選考権」を一手に握り、物が言えない体制をつくり上げ、権力基盤を盤石なものにしていくのが、彼らのやり方だ。

「脅し文句」といえば、日大の殺人タックル問題を調査していた第三者委員会の最終報告では、当時の理事が、タックルをした部員とその父親に対し、内田元監督は関与していなかったと説明するように求め、「(同意すれば)一生面倒を見る。そうでなかった時には日大は総力をあげて潰しにいく」と、脅迫まがいの口封じを図っていたこともわかった。そのやり方は暴力団さながら。スポーツ界の話とは思えない信じられないような現実がある。

 今はアマスポーツの選手でも卓球、水泳、バドミントン、陸上など、人気競技は大会で賞金を稼げる。五輪はプロの参加も認めているので、もはやアマチュアスポーツの祭典ではない。

「ところが日本人は、今も五輪は『カネじゃない。清く、正しく、美しく、勝利を求める舞台』と思っている。少なくとも、そういう純粋さを求めているわけですが、それは幻想です。近年はプロよりアマチュアの役員の方が利権やカネで私腹を肥やしている。ボクシングの山根元会長は勝手に終身会長になっていたのですから、もう漫画の世界です。東京五輪が近づいてくれば、代表選びが熾烈になってくる。母国開催の五輪ですから、代表になりたい気持ちはこれまで、これから先の大会とは比べものになりません。また何かしらのスキャンダルが出てくるでしょう。こんな国に五輪を開催する資格はありませんよ」(前出の津田氏)

 東京五輪は酷暑ばかりが懸念されているが、それ以上に大きな問題がある。



コメントを残す