小企業「持ち直しの動き」、中小企業「緩やかに回復」 全国中小企業動向 … – 観光経済新聞

Home » 資金調達 » 日本政策金融公庫 » 小企業「持ち直しの動き」、中小企業「緩やかに回復」 全国中小企業動向 … – 観光経済新聞
日本政策金融公庫, 資金調達 コメントはまだありません





 日本政策金融公庫はこのほど、全国中小企業動向調査の4~6月期分を公表した。同期の小企業の業況判断DIはマイナス24.9で、前期比2.7ポイント好転、中小企業の業況判断DIは7.1で、同0.5ポイント低下した。小企業の景況は「持ち直しの動きが見られる」、中小企業の景況は「緩やかに回復している」と、ともに前期の判断を据え置いた。

 小企業(原則従業者20人未満)のDIは、「良い」と回答した企業割合から「悪い」と回答した企業割合を引いた値。

 業種別では、飲食店・宿泊業がマイナス33.8で、前期比6.5ポイント上昇した。

 このほか運輸業がマイナス30.0で、同8.1ポイント低下。サービス業がマイナス20.2で、同14.2ポイント上昇。

 来期(7~9月期)は全産業でマイナス27.0と、今期比2.1ポイント低下の見通し。業種別では飲食店・宿泊業がマイナス29.0で、同4.8ポイント上昇の見通し。

 一方、中小企業(原則従業員20人以上)のDIは、前年同期で「好転」と回答した企業割合から「悪化」と回答した企業割合を引いた値(季節調整値)。

 業種別では、宿泊・飲食サービス業が5.5で、前期比2.4ポイント上昇した。このほかサービス業が前期比上昇、小売業が低下した。

 来期は全産業が9.4と、さらに上昇の見通し。業種別では、宿泊・飲食サービス業が約4ポイント上昇の見通し。

  • 2018年8月10日

日本政策金融公庫はこのほど、中小企業景況調査の7月分を公表した。同月の中小企業の売上DIは3.9で、前月比1.1ポイント減も、17カ月連続のプラス水準となった。 DIは…

続きを読む

  • 2018年8月7日

海外在住日本人によるタウン・コンシェルジュサービス「トラベロコ」は、業務拡大のため、本社を名古屋から東京に移転したと発表した。 『海外在住日本人』と『海外と関わる日本人』…

続きを読む

  • 2018年8月5日

CARAVAN JAPANは、千葉県成田駅徒歩3分の場所にカプセル型ドミトリー宿泊所「CARAVAN HUB」を開業した。 株式会社CARAVAN JAPAN(所在地:東…

続きを読む



コメントを残す