ザ・グレート・サスケがボクシング連盟・吉森副会長を弁護士会に懲戒請求 – スポーツ報知

Home » 資金調達 » 助成金・補助金 » ザ・グレート・サスケがボクシング連盟・吉森副会長を弁護士会に懲戒請求 – スポーツ報知
助成金・補助金, 資金調達 コメントはまだありません



 元岩手県議でプロレスラーのザ・グレート・サスケ(49)が、日本ボクシング連盟副会長兼専務理事で弁護士の吉森照夫氏(73)に対し、第一東京弁護士会に懲戒請求を起こしていたことが11日にわかった。



 日本ボクシング連盟の山根明会長(78)は、2016年リオ五輪代表・成松大介(28)=自衛隊=が15年度に日本スポーツ振興センター(JSC)から交付された助成金240万円について、3等分して助成対象外の別の2選手に80万円ずつ渡したことを認めている。

 サスケ氏は「助成金はひとりの選手に与えられたものであり、それを三等分することは公金の不正流用にあたる。独立行政法人日本スポーツ振興センター・スポーツ振興基金、団体の心のはじめにの1には、『スポーツ振興事業助成金は国からの出資金、民間企業からの寄附金およびスポーツ振興くじtotoの売上等を財源としている。透明性のある事業運営と適正な会計処理を行うよう心掛けてください』とあり、『不正受給・虚偽報告の措置には、不正行為等が判明した場合、当該年度の助成金の返還だけではなく、過去にさかのぼって調査を行い、過去の助成金の返還や翌年度以降の助成金の助成対象者から除外するだけでなく、刑事告発等を行う場合があります』とある」と指摘。

 さらに「吉森副会長は第一東京弁護士会の弁護士でありながら、公金横領のほう助および、証拠隠滅罪に当たるものであり、弁護士会の規定にのっとり、懲戒請求を行うものである」として告発。懲戒請求書は8日付けで、第一東京弁護士会に発送したという。

 吉森氏の懲戒請求にあたって、サスケ氏は「日本ボクシング連盟の山根会長がやめたからと言って、問題が解決したわけではない。吉森弁護士を筆頭に、責任を追求されるべき人は、ほかにも連盟のなかに、まだまだたくさんいるはず。そして、この成松選手のように一方的に助成金を減額された選手や、奈良判定に泣かされた選手等々。不条理な立場に置かれてしまう青少年アスリートを産み出してはならない。選手が純粋に競技に打ち込める環境、指導者や親御さんが健全に安心してサポートしてあげられる環境、つまりはアマチュアスポーツとして本来あるべき姿に、一刻も早く戻してあげたい。そういう思いです。東京五輪ではクリーンな連盟に生まれ変わった状態で臨んでほしいと希望します」とコメントしている。



コメントを残す