文科省、東京医大への助成金減額検討 不正入試のペナルティー – サンケイスポーツ

Home » 資金調達 » 助成金・補助金 » 文科省、東京医大への助成金減額検討 不正入試のペナルティー – サンケイスポーツ
助成金・補助金, 資金調達 コメントはまだありません



 東京医科大の不正入試問題を受けて、文部科学省は8日、毎年20億~23億円程度が交付されている医科大への私学助成を減額させる検討に乗り出した。私学助成の取り扱い要領には不正入試が確認された場合のペナルティー規定があり、本年度分から対象となる可能性が高い。大幅減となれば経営面への影響も大きそうだ。



 助成金の減額は事案の性質に応じて「10%減」「25%減」「50%減」「75%減」「不交付」の設定がある。同省幹部は「文科省関係者も関わった不正だが、規定に照らせば減額しない選択肢はない」としている。



コメントを残す