北海道銀、ネット資金調達を支援 – 日本経済新聞

Home » 資金調達 » 北海道銀、ネット資金調達を支援 – 日本経済新聞
資金調達 コメントはまだありません



 北海道銀行は9日、インターネットで小口資金を不特定多数の人から募るクラウドファンディング(CF)のサイトを運営するマクアケ(東京・渋谷)と業務提携したと発表した。顧客の新商品・サービス開発やPRを支援し、地域活性化につなげる。道銀は「融資以外の提案の幅が広がる」と期待している。



 道銀は提携にあたり6月から、顧客企業とマクアケを仲介し、2件の資金募集を始めた。そのうちの1件の滝沢ベニヤ(北海道芦別市)はマクアケを通じて資金調達のほか、板と紙を交互に積み重ねた独自の合板「ペーパーウッド」の製品を販売する。8月30日までに10万円を調達する目標を掲げている。

 マクアケは道内の金融機関では既に帯広信用金庫と連携している。金融機関にとって「CFを通じて顧客の事業への理解を深めれば、融資の判断材料にできる」(マクアケ北海道拠点の岡山ひろみ氏)利点もある。



コメントを残す