第3回 STAMPワークショップ – 情報処理振興事業協会 (プレスリリース)

Home » 起業・独立 » 第3回 STAMPワークショップ – 情報処理振興事業協会 (プレスリリース)
起業・独立 コメントはまだありません



第3回 STAMPワークショップ

開催情報

 近年の IoT の 進展に伴い大規模・複雑化するシステムでは、複数の異なるシステムが相互接続されるようになり、システム障害も複数の要素間の相互作用によるものがしばしば発生しています。そのような中、大規模・複雑化するシステムの解析手法として、システム理論に基づく新しい安全解析方法論STAMP*(Systems-Theoretic Accident Model and Processes)が欧米を中心に宇宙、航空、鉄道等、幅広い産業界で注目されています。STAMPワークショップは、様々な分野の方が情報共有・発信を行う場として欧米で毎年開催されており、日本でも2016年からはじまり、第3回目を迎えました。



 今回のワークショップでは、初心者や経験者の方が、それぞれのレベルに合わせて参加いただけるプログラムとして、STAMPに関するチュートリアルと、2018年3月より無償提供しているツール「STAMP Workbench」のハンズオン講習を予定しています。さらに、国内企業のSTAMP適用事例などを紹介します。8月8日(水)より、STAMPに関する適用事例、手法改善やツールの活用紹介などの一般講演の募集を開始しました。詳細は以下の「一般講演募集」欄をご確認ください。皆さまのご応募をお待ちしています。

*STAMP(System Theoretic Accident Model and Processes) :マサチューセッツ工科大学(MIT)のNancy Leveson教授が提唱した「アクシデントはシステム構成要素間の相互作用から創発的に発生する」という理論。

関連情報


 ・STAMP Workshop at MIT 別ウィンドウで開く

 ・European STAMP Workshop 別ウィンドウで開く

 ・第1回 STAMPワークショップ

 ・第2回 STAMPワークショップ



コメントを残す