カンヌ、政府祝意辞退は反日か 文化への理解、希薄 是枝監督「国益に直結しない」 – 毎日新聞

Home » 資金調達 » 助成金・補助金 » カンヌ、政府祝意辞退は反日か 文化への理解、希薄 是枝監督「国益に直結しない」 – 毎日新聞
助成金・補助金, 資金調達 コメントはまだありません



 <access>



 公権力と一線を画した表現や研究は「反日」なのか。カンヌ国際映画祭の最高賞を受け、政府の祝意を断った是枝裕和監督が「国の助成金を利用したのに非礼だ」「映画は反日的内容」などバッシングされた。「反日」のレッテル貼り横行の背景を考える。【中川聡子】

 文化庁に2000万円の助成を受けた是枝さんが「万引き家族」で最高賞を受けた直後の先月、国会で林芳正文部科学相が是枝さんに祝意を伝える考えを示した。これに対し、是枝さんは「映画が国益や国策と一体化して不幸を招いた過去の反省に立ち、公権力とは距離を保つ」との見解を公表。辞退の意向に批判が噴出した。

 是枝さんの見解には助成金への謝意も書かれている。「読んでいないのか、意図的な誤読なのか、『反日だ』…

この記事は有料記事です。

残り1357文字(全文1686文字)




コメントを残す