大阪・梅田の再開発エリア落札、24年夏の開業めざす – 日本経済新聞

Home » 起業・独立 » 大阪・梅田の再開発エリア落札、24年夏の開業めざす – 日本経済新聞
起業・独立 コメントはまだありません





 関西の都心部で最後の大規模再開発エリアだったJR大阪駅北側の「うめきた2期」(17ヘクタール)の開発事業者が三菱地所などの企業連合に12日、決まった。2024年夏の開業を目指す。武田薬品工業の本社売却が最近明らかになるなど、大阪からの企業の拠点流出がとまらない。新産業育成の機能も持たせ、地盤沈下が続く大阪の底上げにつなげたい考えだ。

 落札額は1777億円。都市再生機構(UR)が開発事業者を選定し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



コメントを残す