クラウドワーカー、500万人に 18年末、労働力の7% 働き手の多様化後押し – 日本経済新聞

Home » 起業・独立 » フリーランス » クラウドワーカー、500万人に 18年末、労働力の7% 働き手の多様化後押し – 日本経済新聞
フリーランス コメントはまだありません





 ネット上で企業が仕事を発注しフリーランスなどの個人が請け負う「クラウドソーシング」が拡大している。「クラウドワーカー」と呼ばれる労働者の数は2018年末に500万人を超え、国内の労働力人口の7%以上を占める見通し。子育て中の女性など柔軟な働き方を求める人の受け皿となり人手不足を緩和する効果も期待できそうだ。

 大手5社の登録者数や聞き取り調査をもとに日本経済新聞社が集計した。ネット上で仕事を受注す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



コメントを残す