カワニシ、前期経常を一転11%増益に上方修正 – minkabu PRESS

Home » 起業・独立 » 会社 税金 » カワニシ、前期経常を一転11%増益に上方修正 – minkabu PRESS
会社 税金, 起業・独立 コメントはまだありません





2018/07/13 15:00

 カワニシホールディングス <2689> [東証2] が7月13日大引け後(15:00)に業績修正を発表。18年6月期の連結経常利益を従来予想の11億円→12.3億円(前の期は11.1億円)に10.9%上方修正し、一転して10.6%増益見通しとなった。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した1-6月期(下期)の連結経常利益も従来予想の4億円→5.2億円(前年同期は5.2億円)に30.0%増額し、一転して0.4%増益計算になる。

株探ニュース

会社側からの【修正の理由】
  通期連結業績予想につきまして、前回発表予想(平成29年8月9日公表、以下「前回予想」)を上回る見込みとなったことから修正します。 医療器材事業では予定外の設備備品獲得が進み、連結売上総利益が増加しました。また、今期に予定していた輸入販売事業の研究開発費が来期にずれ込んだことにより、販売費及び一般管理費が予測よりも減少しました。加えて、退職給付制度の変更に伴う特別利益が発生しました。そのほかに、繰延税金資産の回収可能性を見直した結果、法人税等が減少しました。その結果、営業利益・経常利益・親会社株主に帰属する当期純利益が前回予想を上回る見込みとなりました。

配信元: 株探



コメントを残す