【フリーランスのマネー術】退職金のないフリー人生「国民年金基金」は … – ニコニコニュース

Home » 起業・独立 » フリーランス » 【フリーランスのマネー術】退職金のないフリー人生「国民年金基金」は … – ニコニコニュース
フリーランス コメントはまだありません



お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指すこの連載。前回に引き続き、田町ゆき子さん(仮名・34歳 ・フリーランス)の相談に森井じゅんさんがお答えします。婚活疲れの中「精神的にも経済的にも自立した上で婚活を再開させたい」という田町さん。まずは確定拠出年金をしてみようかと考えた一方、実際それが何なのかもわかっていないという状態。国民年金基金や小規模企業共済も気になっているようです……。



田町さんの質問
「34歳、独身、フリーランスでシステムエンジニアなどをしています。現在、年の収入でいうと500万円くらいになります。婚活疲れのさなか、自分は将来のお金のことが不安だから結婚に焦っているだけじゃないかと考えはじめ、まずはお金のことをちゃんとした上で改めて婚活しようと思うようになりました。それで、知人から話を聞いた確定拠出年金を始めるのはどうか、と考えています。その場合、マックスの6万8000円にしたほうが最終的にはお得でしょうか。今は、積み立てているお金や、将来用の貯金(200万円くらい)のほか、毎月10万円くらい生活費に使わないで済んでいるお金がギャラ振込用の口座に溜まっている状態です。国民年金基金や小規模企業共済と組み合わせたほうがいいという人もいるのですが、よくわかりません。どういうポイントで考えたらいいか、教えてください」

☆☆☆

先週、フリーランスなど自営業の方は、受け取ることのできる年金額が少ない、というお話をしました。そのため、政府は個人の老後資金の準備を促進しています。それが確定拠出年金(iDeco)や国民年金基金です。このふたつは、公的年金の上乗せです。共通したメリットは、節税効果が比較的高いこと。拠出限度額いっぱいの掛け金にした場合、相談者さんの収入等から考えて 、ざっくり年間25万円弱の節税になります。

iDeCoと国民年金基金は併用も可能です。確定拠出年金については、何度かお話していますね。これは、あらかじめ自分で決めた拠出金を自身で選んだ運用方法で運用する私的年金制度のひとつです。つまり、運用次第で将来受け取る金額が変わるものです。一方、国民年金基金は利回りが固定されているので、掛金を拠出する段階で基本的に将来受け取ることのできる金額が分かっています。こう考えると、iDeCoより国民年金基金のほうが一定の利益が約束されていて安心だ、という考えもできますよね。でも当然ながら、国民年金基金にもデメリットやリスクもあります。

国民年金基金のデメリットとリスク

1:国民年金基金にはインフレリスクに対応できない 

まず、国民年金基金は、利率が決まっているがゆえに貨幣価値の変動に対応できないというデメリットがあります。例えばインフレになった際には、その金額で買えるものが少なくなり、実質的な年金額が目減りする可能性があるのです。

2:付加年金が利用できなくなる

国民年金基金に加入すると、付加年金の利用ができなくなります。付加年金とは、国民年金の方だけが利用できる制度です。国民年金に月400円上乗せして支払うことで、将来受け取ることのできる年金がアップするというもの。具体的には、月400円を20年、合計9万6000円支払うと、年間4万8000円年金が上乗せされます。つまり、年金を受け取り始めてから2年で元が取れる、というお得な制度です。国民年金の人で付加年金を利用している人の場合、国民年金基金に加入したことで付加年金をやめなくてはいけないことは大きなデメリットと言えます。

3:現在の利率は1.5%と低い

国民年金基金の利率は、将来にわたり固定されています。しかし、全ての加入者が同じ利率ではありません。加入するタイミングや年齢、性別によっても利率が異なるのです。国民年金基金がスタートした平成3年の予定利率は、5.5%でしたが、この予定利率は下がり続けており、平成26年以降は1.5%になっています。

つまり、平成3年に加入した人は、今年拠出したお金も今後拠出するお金も5.5%の利率で年金を受け取れる一方、今年加入した人は今年も今後も1.5%の利率が適用されるというものです。

国民年金基金は、加入者の拠出金を運用しています。そして、運用成績に関わらず支給額を保障しています。言い換えれば、加入者に約束した利率は、実際の運用実績を上回ってしまう可能性があり、そのリスクは基金が負っています。つまり、現在運用がうまくいっていなくても、一定の受給者に対し5.5%の利率で支払いを行っており、それが今後も続くのです。

実際の利回りが低かったことや受給者の増加から、数年前には国民年金基金の積立不足が新聞に取り上げられたこともあり、不安要素もあります。そして新規の加入者は、さらに年々減少傾向にあるのも現実です。

ただし、基本的にiDeCoでも元本割れの可能性があります。それを考えると、自分で商品を選ばなくてはいけないiDeCoよりも、任せる事ができる国民年金基金の方がよいという方もいるでしょう。

iDeCoも国民年金基金も、最大81万6000円が所得控除の対象となる制度です。そして両者の最大の違いは、自分で運用を考えるか全て任せるか、という点です。

前回もお話したように、iDeCoと国民年金基金は併用もできます。両者のリスクもしっかり把握したうえで、枠の半分は自分で運用を考えて、半分は国民年金基金にお任せ、といった利用もできるのです。

自分自身が自分の資金にどのように関わりたいのかを、しっかり考えてみてください。 

ただ漫然と「お金余ってるな……」「最近お金ないな……」というような、ゆるっとした状態だと不安は付きまといます。何をどう使うか運用するのかしないのか、しっかり検討することが大事。

賢人のまとめ

国民年金基金はiDeCo同様、節税メリットがあ ります。一方、iDeCoとは異なり、拠出時に将来受け取る金額が決まっています。現在は予定金利1 . 5%と低いながら 、一定の利益が約束されているとも考えられます 。 ただし、インフレリスクに対応できないなどのデメリットもあります。細かな設計により、受取時期・金額なども変わってくるため、一概にiDeCo とどちらがいいかは言えません。節税をしながら将来の資金準備を、と考える場合には、iDeCoも国民年金基金も選択肢に入ってきますが、まずは自分自身が資金にどのように関わりたいのかをしっかり考えてみてください。

プロフィール

女子マネーの達人 森井じゅん

1980年生まれ。高校を中退後、大検を取得。レイクランド大学ジャパンキャンパスを経てネバダ州立リノ大学に留学。留学中はカジノの経理部で日常経理を担当。

一女を出産し帰国後、シングルマザーとして子育てをしながら公認会計士資格を取得。平成26年に森井会計事務所を開設し、税務申告業務及びコンサル業務を行なっている。

関連画像



コメントを残す