「OMG!米国人はSUBARUなんて知らない?」 – 日経ビジネスオンライン

Home » 起業・独立 » ビジネスプラン » 「OMG!米国人はSUBARUなんて知らない?」 – 日経ビジネスオンライン
ビジネスプラン, 起業・独立 コメントはまだありません





第445回 スバル・フォレスター(SOA役員編)

2018年7月9日(月)

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 週末はザ・リッツ・カールトン沖縄に宿泊してまいりました。

 リッツ沖縄とマセラティとのコラボレーションである「マセラティ・エクスペリエンス」が、昨年に続き今年も登場したのです。100年を超えるマセラティの歴史の中で初めて作られたSUVであるレヴァンテに、滞在期間中乗り放題。2回の朝食と1回のマセラティ特別メニューの夕食、そして沖縄一の名門コースとしてその名も高い喜瀬カントリークラブでの1プレイ、もしくはスパでのトリートメント(強力にスパをお勧めします)がついて、2人で2泊してお値段たったの19万4602円。当欄読者の富裕層の皆さま方にとってはタダみたいなものです。

今年もやってまいりました。ザ・リッツ・カールトン沖縄。客室数わずか97室のこぢんまりとしたホテルなので、ゆったり静かに過ごせます。

 恩納村を中心とした「沖縄西海岸」と呼ばれるこのエリア。8月には海岸沿いにハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄が、そして来年にはハワイの名門ハレクラニがオープンします。ハレクラニの総支配人には、去年までリッツ沖縄の総支配人だった吉江潤氏がヘッドハンティングによって起用されました。平和な西海岸は、ここへ来て高級ホテル戦争の様相を呈してまいりました。一カ所に長く滞在するのも良いですが、2泊ずつホテルホッピングするのも楽しいかもしれません。

「M・A・S・E・R・A・T・I」で構成したメニュー。コジツケに近い部分もありますが、そこはまあご愛嬌。美味しゅうございました。ポーションの量も的確。去年はボリュームが多過ぎましたので。

 しかしリッツに目をつけるとは、マセラティもやるものです。SUVにしたのもナイス。せっかくリゾートに来たのだから、やはりセダンよりもSUVでしょう。

私が訪れたのは、このプランが始まったばかりの日で、レヴァンテの車体にリッツのロゴ文字を貼り付けている真っ最中でありました。総支配人自らご苦労様です。マセとリッツの組み合わせ、最強です。

 レヴァンテのスリーサイズは全長×全幅×全高が、それぞれ5000×1985×1680mm。
 見た目がシャープなのでサイズ感が掴みにくいですが、数字にすると非常に大きいクルマです。“押し出し感”も満点です。そこのけそこのけレヴァンテが通る。

いやはや立派なクルマです。停めていると必ず人が寄ってきて「すごいクルマですねー」と話しかけてくる。

SUVとはいえそこはマセ。スポーツモードにしてスロットルペダルを強く踏むと、獰猛な獣に豹変します。堪能いたしました。

 さてさて、それではボチボチ本編へとまいりましょう。



コメントを残す