40歳、離婚後に起業した元主婦の悪戦苦闘 | シングルマザーの憂鬱 … – 東洋経済オンライン

Home » 起業・独立 » 40歳、離婚後に起業した元主婦の悪戦苦闘 | シングルマザーの憂鬱 … – 東洋経済オンライン
起業・独立 コメントはまだありません





2人の子を抱え倒産の危機も乗り越えてきた

佐藤静恵さんが離婚を経て得たものとは?(筆者撮影)

今後の人生を「シングルマザー」として生きようと決める女性は後をたたない。金銭的には豊かとは言いがたい状況かもしれない。それでも懸命に生き、前を見据えて力強くほほ笑む姿がある。そんな彼女らの生きざまのリアルに迫る連載の第3回。

今回は電気工事業を行う合同会社MAIZコーポレーション代表で、13歳の娘さんと11歳の息子さんをもつ佐藤静恵さん(40歳)を取材した。半個室席のある珈琲館でお会いした佐藤さんは、仕事ができる女社長の風格が漂う反面、優しくにこやかにほほ笑むギャップが印象的だ。

佐藤さんは2010年の秋頃、夫と別居した。

「別居当初は子どもにジュース1本すら買ってあげることができない状況でした。必要に迫られ、私は建設会社へパートに出ることになったのですが、そこではひどいパワハラに遭って。喧嘩して会社を飛び出しちゃいました」

社員がどんどん辞める会社

2011年6月、離婚調停が始まった頃からは、太陽光オール電化販売店の正社員になった。ところが、そこで佐藤さんは大変な苦労をする。

社長が退社する際、佐藤さんがお客と電話中だったことがあった。そうすると、社長は「佐藤さんとだけ目が合わなかった」という理由だけで佐藤さんを呼び出し、1時間も説教。トイレを社員全員に断ってから行かなければならなかったり、トイレットペーパーが三角に折られていないと全員業務を止められ、社長自ら犯人捜しを行ったりなどと、いろんな面で不可思議なルールがあった。

社長のやり方に納得いかない社員がどんどん辞めていき、ほとんど人がいなくなった。佐藤さんも入社してから10カ月で退職。2012年4月頃に労働組合ができ、2年間ほど労働裁判が続いた。月に2~3回は労働組合のメンバーと集まり、メール履歴などの資料を集め、3カ月に1回は裁判所に行く。

そのうち、労働組合メンバーの新職場に、前社長から怪文書が届くようになる。メンバーは徐々に減っていき、最初は30人くらいいた人数も最後は5人に。それでも佐藤さんは最後までやり遂げ、裁判に勝訴した。



コメントを残す