那珂川の文化財、ホテルに改装 三セクなど来春開業 – 日本経済新聞

Home » 起業・独立 » 那珂川の文化財、ホテルに改装 三セクなど来春開業 – 日本経済新聞
起業・独立 コメントはまだありません





 栃木県那珂川町にある国登録有形文化財「飯塚家住宅」が来春、ホテルとして開業する。隣接する同県大田原市の第三セクターなどが同町から借り受け、約1億円を投じてリノベーション(大規模改装)する。自然や生活文化を体験する観光拠点として、訪日外国人(インバウンド)らの長期滞在を期待。周辺の飲食店などの集客増にもつなげる。

 飯塚家住宅は大庄屋と呼ばれた江戸期の村役人が建てた屋敷。大きな表門や脇門、内部には凝…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



コメントを残す