武田薬、巨額買収で資産効率化 創業地の大阪本社も売却へ – SankeiBiz

Home » 起業・独立 » 武田薬、巨額買収で資産効率化 創業地の大阪本社も売却へ – SankeiBiz
起業・独立 コメントはまだありません



 武田薬品工業が、創業地の大阪市内にある本社ビルの売却を検討していることが6日分かった。同社は欧州医薬品大手シャイアーを約7兆円で買収することに合意し、財務悪化が懸念されている。発祥の地も例外とせず効率化し、本業に集中する。売却額は数百億円規模とみられる。



 武田は1781年に「薬の町」として知られる大阪・道修町で創業した。現在、本社機能は東京にあるが、登記上の本社は大阪市としている。シャイアー買収に伴い、武田が本社を法人税率の低いアイルランドなどへ移転する観測も浮上したが、7月から東京の新本社(東京都中央区)を本格的に稼働させている。

 武田は昨年、子会社だった和光純薬工業(現富士フイルム和光純薬、大阪市)の株式を売却した。

 不動産では以前の東京本社だった「東京武田ビル」(東京都中央区)と、隣接するビルの土地と建物を高島屋に約500億円で売ることも決めており、資産の効率化を急いでいる。中国子会社を合弁相手の中国企業に売却することも発表した。

 武田は来年6月までのシャイアー買収完了を目指している。買収に必要な新株発行の承認を得るための臨時株主総会を来年初めごろ開く予定だ。



コメントを残す