シェアハウスの不正融資で揺れる 「スルガ銀行」の行く末 – 日刊ゲンダイ

Home » 資金調達 » 融資 » シェアハウスの不正融資で揺れる 「スルガ銀行」の行く末 – 日刊ゲンダイ
融資, 資金調達 コメントはまだありません



小林佳樹
著者のコラム一覧

小林佳樹金融ジャーナリスト。

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

スルガ銀行本店(C)共同通信社

 シェアハウスのオーナー向け融資で不正が発覚したスルガ銀行の行く末が、金融界で話題になっている。女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズの破産で露呈したスルガ銀行の不正融資は、オーナーが自殺したり、自己破産に追い込まれたりするなど、底なしの様相を呈している。…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!



コメントを残す