Baiduの自動運転出身者が創業したPerceptIn、Samsung出資、ロボットAI基盤はHuaweiが採用 – 日経テクノロジーオンライン

Home » 起業・独立 » Baiduの自動運転出身者が創業したPerceptIn、Samsung出資、ロボットAI基盤はHuaweiが採用 – 日経テクノロジーオンライン
起業・独立 コメントはまだありません





 2016年に創業したばかりだが、オープンソースソフトウエア(OSS)の画像認識用ライブラリ「OpenCV」の創始者であるGary Bradski氏がアドバイザー兼出資者として名を連ね、韓国Samsung Electronicsのコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)である韓国Samsung Venturesなどから総額1200万ドルを調達し、中国Huaweiを顧客に抱えるロボットAI(人工知能)プラットフォームのスタートアップがある。米国シリコンバレーと中国深圳に拠点を置くPerceptInだ。



コメントを残す