大蔵省82年組の神童は、大人になってどうなったのか? – ニコニコニュース

Home » 資金調達 » 日本政策金融公庫 » 大蔵省82年組の神童は、大人になってどうなったのか? – ニコニコニュース
日本政策金融公庫, 資金調達 コメントはまだありません



 1982年(昭和57年)、国家公務員上級職採用試験(現、総合職採用試験)の上位合格者の多くが、大蔵省(現、財務省)に採用された。その数、27人。



 日本でもっとも頭がよい人たちの集団の1つだった。『神童は大人になってどうなったのか』(太田出版)では、大蔵省82年組の神童を追いかけてきた。彼らのうちの何人かは頭がよいはずなのに、処分、逮捕、自死など波乱に満ちた生きざまを送っている。霞ヶ関で「呪われた82年入省組」と言われても仕方がない神童たちは頭のよさをどう使ったのか。何人か紹介しよう。

頭のよさがズレすぎている

 2018年4月、財務省は前事務次官の福田淳一をテレビ局記者へのセクハラ行為を認定して処分を行った。退職金から減給20%6カ月分が差し引かれる。神奈川県立湘南高校出身。東京大法学部卒。東京大在学中に司法試験に合格している。

 福田は今回のセクハラ問題は裁判で勝てると信じているようだが、取材中、脈絡もなく口に出た「おっぱい触っていい?」を、「セクハラではない」と否定する感覚をだれが理解できるか。頭のよさがズレすぎている。

 福田よりもひと足早く財務省を辞めたのが、前国税庁長官の佐川宣寿だ。こちらも財務省から「国有財産行政に関する信頼を損ねた」として、退職金から減給20%3カ月が差し引かれた。都立九段高校出身。東京大経済学部卒。官邸を守るために、文書記録は「速やかに事業終了で廃棄していると思う」、電子データは「短期間で自動的に消去されて、復元できないようなシステムになっている」、公文書改ざんの経緯では「刑事訴追される恐れがある」と言い放った。頭のよさは逃げに使われた。

森友学園問題で「忖度」を促した人も

 国税庁長官では佐川の前任者だったのが迫田英典である。2017年7月に辞職したが、森友学園の国有地売却交渉のころ、理財局長だった。在職中に発覚していたら、処分の対象になっていたはずだ。最近になって大阪地検特捜部が任意で事情聴取したのだから。

 大阪地検の周辺捜査では、近畿財務局が森友学園側に「ゼロ円に近い額になるよう作業している」と答えたことや、撤去費を積算する国土交通省大阪航空局に費用の増額を依頼していたことが判明し、「忖度」を促した1人と言える。

 迫田は山口県立山口高校出身。岸信介、佐藤栄作兄弟の後輩(旧制山口中学)にあたる。いまは、 TMI総合法律事務所、三井不動産の顧問。天下りである。

 TMI総合法律事務所顧問就任時に、迫田はこう挨拶している。

「私の行政官としての経験が、皆様の法律実務の専門知識や経験と有意義な『化学反応』を起こすことを通じて、微力ながら何がしかの貢献につながれば、との思いを持っています。(中略)いずれにせよ、私にとっては新たなチャレンジが始まります」(同事務所ウェブサイト)。

 行政官としての経験はどこまで信用できるだろうか。

「自分が日本経済に貢献しているという強い自負」

 時計の針を20年ほど戻すと、悲しいかな、大蔵省82年組の処分者が浮かび上がった。証券局総務課課長補佐だったS・T(当時38歳)である。1998年3月、東京地検特捜部はS・Tを収賄容疑で逮捕。S・Tは、野村、日興、大和、山一の四大証券と住友銀行から総額約343万円相当の賄賂を受け取ったとして、収賄罪に問われた。証券会社などに対して金融商品の開発、証券投資信託約款の承認において便宜を図ったということだ。

 当時の証券局幹部のキャリアが受けていた証券会社からの接待には「ノーパンしゃぶしゃぶ」での飲食が含まれていたと言われている。ミニスカートの下で下着をはかない女性店員が接待する風俗店だ。

 同年11月、東京地裁はS・Tに懲役2年執行猶予3年、追徴金約338万円を科している。判決文での文言が手厳しい。

「自分が日本経済に貢献しているという強い自負が、キャリア官僚としてのおごりや自分が特権階級にある者だというごう慢を生み、接待をあたり前と思うようになった」

 頭のよさは色を好んでやまないのか。

 1998年、大蔵省82年組がもう1人、処分を受けている。形式上、同省を一度退職し、自治省から愛知県に出向していたS・S(当時39歳)である。

 S・Sは、銀行局保険部保険一課の課長補佐時代の1994年ごろ、1回数万円の飲食接待を何度も受けたり、大手生命保険会社のMOF担(大蔵省担当者)に携帯電話の料金を支払わせたりしたことが問われて、愛知県を退職することになった。S・Sは辞職し、退職金を自主返納している。

 もうすこし時をさかのぼると、大蔵省82年組の悲劇を知ることができる。

 1992年11月、理財局資金第二課課長補佐のU・N(当時33歳)は、神奈川県横須賀市観音崎灯台展望台から飛び降りて自死した。一橋大経済学部出身。

まもなく定年を迎える大蔵省82年組

 大蔵省82年組はまもなく定年を迎える。最後のおつとめで公僕としての役割を全うしようとする財務神童たちがいる。彼らなりに頭のよさを国のために使ってくれた。

 遠藤俊英(金融庁監督局長)は山梨県立甲府南高校、東京大法学部出身。金融庁勤務が長い。2014年、検査局長時代、地方銀行再編が問われていた。遠藤は地銀の横並び的体質にこう釘をさしている。

「金利競争に陥らず、差別化した戦略に取り組む銀行は少ない」(朝日新聞2014年11月12日)。

 有働忠明(国税不服審判所次長)は麻布高校、東京大法学部出身。東京大に合格したとき週刊誌の取材に、将来の夢は「弁護士志望」、最高の思い出は「小学校2年から書を習い、日書展金賞受賞」と答えている(「週刊朝日」1977年4月1日号)。

 上野善晴(日本政策金融公庫専務取締役)は、福岡財務支局長、大臣官房参事官、岩手県副知事、理財局次長を経て現職にある。大蔵省入省前に取材に応じており、こう話している。

「出世欲はない、次官になりたいとは思わない。でも、人物的に認められる人間になりたいと思うけどね。そう、日本にとって必要な人間と思われること」(「フォーカス」1981年12月11日号)。

ほかに、池田唯一(金融庁総務企画局長)、後藤真一(税務大学校長)、冨永哲夫(国土交通省政策統括官)がいる。冨永はラ・サール、東京大法学部出身。近畿財務局長時代に森友学園問題が起こっており、冨永にも疑惑の目が集まった。

 長友哲次(退職時は横浜税関長)は「若年層の不正薬物の濫用や危険ドラッグの流入が危惧されているという認識を示し、「不正な薬物の流入を防ぎたい」と抱負を述べた(朝日新聞2016年8月5日)。2017年7月、大蔵省82年組同期の小鞠昭彦(退職時は国税不服審判所次長)、岡田則之(退職時は東京国税局長)とともに辞職している。

 小鞠は岐阜県立関高校、東京大法学部出身。同校からの東京大合格者は少なく、戦後、関が6人目で地元のスターだった。岡田は早稲田大政経学部出身で入省時に後輩にエールを送っていた。

「早稲田の後輩を含めて、私学の諸君! 就職は個人の問題だ。気後れせずに官庁の門を叩いてくれ」(「フォーカス」1981年12月11日号)。

 同じころ、大蔵省82年組の梶川幹夫(退職時は関税局長)、根本洋一(退職時は財務総合政策研究所長)も辞職をした。梶川は東京学芸大附属、根本は栄光学園から東京大法学部に進んだ。2016年6月には棚橋裕之(退職時は国税不服審判所次長)が辞めている(以上、新聞の「人事異動」記事から)。

 2017年4月、信州大経法学部長に山沖義和が就任した。

 山沖は慶應義塾大経済学部出身。大蔵省、財務省時代は金融監督庁、イタリア日本大使館、国税庁などにつとめた。税務畑を進み、マイナンバー制度に詳しい。

「新しい社会の課題に果敢に取り組む若い人材を育成するため、斬新かつ魅力的な教育内容を展開すべく不断の努力を続けてまいりますので、多くの若者が信州松本の地に集い、信州大学経法学部で私たちとともに研鑽されることを期待します」(同学部ウェブサイト)。

 学生には、財務省が引き起こしたことを大蔵省82年組の1人として説明してほしい。

唯一政治家に転身した片山さつき

 大蔵省82年組から唯一政治家に転身したのが、自民党国会議員の片山さつきだが、なかなか人騒がせだ。

 2012年にNHKの音楽番組で「過去1年間、出演者の韓国人タレント占有率が36%」とNHK会長に質問する中で発言(実際は約11%)。芸人の親族の生活保護受け取りについて、厚労省に「年収5000万円、母親生活保護不正受給疑惑」の調査を依頼した。14年には御嶽山の火山活動監視体制は「民主党政権の事業仕分けで常時監視の対象から外れた」と事実と異なる話をした―――などムチャぶりが目立つ。

 大蔵省82年組で最後に紹介するのが、田中修である。2017年10月に退官して、現在は財務総合政策研究所特別研究官という肩書きだ。博士号(東京大、学術博士)を持ちアカデミズム志向が強く、信州大教授、税務大学校校長をつとめたことがある。

 中国に一等書記官、参事官として勤務した経験から、中国経済に詳しく、関連図書が多い。

「取りあえずあやまって責任を回避する方法」の危険性

 田中は最新刊『日本人と資本主義の精神』(ちくま新書)で気になることを書いている。

「『取りあえずあやまれば済む』という発想は、最近頻繁に行われる各界の謝罪会見をみても分かります。『世間をお騒がせして申し訳ありません』『ファン・支持者の方に申し訳ありません』というのは、いったい誰にあやまっているのか、何をあやまっているのか、自分が悪い事をしたと思っているのか、きわめてあいまいです。

 かつての『一億総懺悔』は、戦争指導者の責任をあいまいにしました。この、取りあえずあやまって責任を回避する方法は、実はまったく真の反省・検証が行われていないので、過去のあやまちをより大きく繰り返す危険があるのです」。

 正論だが、田中はなぜ財務省在職時代に財務官僚の忖度気質、無責任謝罪体質を変えようとしなかったのか。

 いまからでも遅くない。大蔵省82年組神童の社会的責任として、前川喜平のように財務省の「うみ」を発信してほしい。

 (敬称略)

(小林 哲夫)

財務省 ©文藝春秋



コメントを残す