大阪府・市の補助金詐取、籠池被告が認める方針 – 毎日新聞

Home » 資金調達 » 助成金・補助金 » 大阪府・市の補助金詐取、籠池被告が認める方針 – 毎日新聞
助成金・補助金, 資金調達 コメントはまだありません




 学校法人「森友学園」(大阪市)を巡る補助金詐欺事件で、詐欺罪などに問われた学園の前理事長・籠池泰典被告(65)が、大阪府・市の補助金詐欺の起訴内容について大筋で認める方針であることが、関係者への取材で分かった。共謀したとされる妻諄子被告(61)は、否認する意向という。



 起訴状によると、両被告は2011~16年度、学園が運営する幼稚園の障害児数などを偽り、府・市からの補助金計約1億2000万円を詐取。さらに、国有地での小学校建設を巡って国の補助金約5600万円をだまし取るなどしたとして、詐欺と同未遂の罪で起訴された。

 関係者によると、両被告は捜査段階で黙秘していたが、籠池被告は府市の補助金に関する起訴内容を大筋で認める方針を固めたという。国の補助金は、だまし取る意思がなかったとして、より量刑の軽い補助金適正化法の適用を求める見通し。

 両被告は、大阪地検特捜部に逮捕された昨年7月末から勾留され、弁護側は今月上旬、2度目の保釈請求を大阪地裁に出した。【宮嶋梓帆、高嶋将之】




コメントを残す